秋葉原フッ化水素酸の悪臭の場所やメーカーはどこ?原因は?

6月4日の午前8時40分頃東京都の秋葉原の路上で、こぼれている液体から異臭がすると110番にありました。

そして、警官が確認するとわれたプラスチック容器の中からフッ化水素であることが判明いたしました。

現在はガスマスクをつけた東京消防庁の科学機動中隊員が除染し処理が完了したとのことです。

という事で、今回は秋葉原のフッ化水素酸の流出場所や化学メーカーはどこで、原因は何だったのか?などについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

秋葉原フッ化水素悪臭事故概要

6月4日の午前8時40分ごろに秋葉原の路上でフッ化水素酸と思われる液体がこぼれているのが発見されております。

概要については下記のようになります。

4日午前8時40分ごろ、東京都千代田区神田須田町2の路上で、通行人から「液体がこぼれていて、変な臭いがする」と110番があった。警視庁万世橋署員らが駆けつけたところ、500ミリリットルのプラスチック製容器が破損し、猛毒の「フッ化水素酸」とみられる液体がこぼれていた。同署は周囲約100メートルを約2時間にわたって通行止めにし、防護服を着た東京消防庁の化学機動中隊員らが路面を除染するなどして処理した。けが人はなかった。

万世橋署によると、容器は近くの化学メーカーが管理するもので、この日の朝、配送用のワゴン車を路上に停車させて積み荷作業をした。車には別の工場から運んできたフッ化水素酸の容器が既に積まれていたといい、作業中に誤って路上に落ちたとみられる。

同署は、別の車両が通過した際に容器を踏んで液体が漏れた可能性があるとみて経緯を調べている。現場はJR秋葉原駅の南約300メートルのオフィスビルやマンションが建ち並ぶ地域。

フッ化水素がこぼれた秋葉原の場所はどこ?

記事によればフッ化水素の事故があった場所は「東京都千代田区神田須田町2」という事で以下の場所になります。

というようにJRの秋葉原駅から神田川を超えたあたりになります。

画像からgooglemapで場所をもう少し絞り込みたかったですが、この辺りはあまり画像が無かったため絞り込むことが出来ませんでした。

写真を見ますと作業している方は防護服を着ておりますが、やじ馬がすぐ近くに結構いますが大丈夫だったのでしょうか?

スポンサーリンク

フッ化水素を事故を起こした化学薬品メーカーはどこ?原因は?

フッ化水素は近くの化学メーカーが管理しているものという事です。

積み荷作業をしていた時に、作業のさいに誤って落としてしまったのではないかと言われております。

化学薬品メーカーについては公表されておりませんが、須田町で化学薬品メーカーを検索すればこれだけあります。

積み荷作業をしていたとなればこの中のメーカーではないでしょうか?

フッ化水素酸とはフッ化水素とフッ素を多く含む薬品になります。

主にガラスの化学加工や半導体のシリコン酸化膜のエッチングに用いられます。

半導体工場で用いられるため、韓国ではフッ化水素酸の事故が2012年と2013年に起きております。

また、歯科技工の際に持ちられるものでありますが、人体には猛毒です。しかし、1982年に八王子でフッ化ナトリウムとフッ化水素酸を発注ミスにより、女児の歯に塗布して女児が死亡するといった事故も起きております。

フッ化水素の毒性

フッ化水素はフッ化カルシウムを生じる反応をするため体内に浸透してカルシウムイオンと結合いたします。

そのため、血液のカルシウムイオンが急速に消費荒れ、低カルシウム血症を引き起こします。

フッ化水素酸は一般の人間が購入できるのか?

フッ化水素酸は毒物及び劇物取締法に法廷毒物に指定指定されており、都道府県に届け出が必要になります。

受領書に捺印など必要になりますので、使用用途が無い方は購入することが出来ません。

最後に

という事で、今回は秋葉原のフッ化水素酸の悪臭の場所やメーカーはどこで原因は何だったのか?

といった事について書かせたいただきました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました