ロバート秋山のアジアスターのペリーキーの経歴や実在のモデルは?ぐるナイゴチになります

ロバートの秋山竜次さんが出演いたします。

その中で、現在人気を博しているクリエイターズ・ファイルの中から6000年に一人のアジア・スター「ペリー・キー」が登場いたします。

今回はペリー・キーの経歴などを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ペリー・キーの経歴

ペリーキーは2014年~2017年にMr.アジア賞4巻を達成した、アジア一忙しいスターです。

ペリーキーさんはアジアで生まれて、父親の転勤で南アジアに移りました。

そして、アジアの学校で常識を学び、現在はアジアのトータル・イメージキャラクターに就任しております。

奥さんとの馴れ初めは自身が監督を務める「水中警察2」で出会いました。でった時から460年に1度のアジア女優になることを確信いていたそうです。

子供は7人目が今月生まれたところになります。名前はペリー・キール、ペリー・キース、ペリー・キーリ、ペリー・キートン、ペリー・キーキー、ペリー・キーロー、ペリー・スティックマイヤーとのことです。最後だけキー○じゃない事で、インタビュアーが困惑しております。

苦手な食べ物は辛いものになります。また、日本の好きな場所は仕事で訪れた沖縄だということです。

今回アジア全土で公開される赤皇帝都-レッドキャピタル-のプロモーションで来日したということになっております。

ペリー・キーが演じたのはとある国の王で、あるもの達の裏切りで反乱にあってどうなってしまうのか?人生初の逆境対峙首領の葛藤が描かれているとのことです。

映画本編では泣くシーンが多く初めてのチャレンジだったと語っております。映画では罵倒されて泣いているシーンで毎回「流石にデリカシーがないだろ」と言っているのがツボります。

そして、さらに主題歌と挿入歌もペリー・キーが歌うという事で、「帝~TIRO・TIRO・TIN」のMVが紹介されました。

なんとなく戦場のメリークリスマスっぽい感じの曲ですね。

次に「サファイアの馬車道」というMVも紹介されますが、「ドゥンドゥン」言っているだけになります。笑

ペリーキーのモデルは?

「赤皇帝都-レッドキャピタル-」という映画のプロモーションで来日しているという設定ですので、おそらく2008年に公開された「レッドクリフ」のパロディだと思われます。

という事で、「周瑜」を演じたトニー・レオンなのではないか?と思うのですが、いかがでしょうか?

ただそのままというわけではなくあくまでも漠然としたアジアスターのステレオタイプなイメージのパロディだとは思われますが。

最後に

という事で今回はぐるナイゴチになりますに出演いたしました、ロバートの秋山竜次さんの演じるアジアスターのペリー・キーの経歴や元ネタについて調べてみました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました