ドコモ口座不正出金・不正利用の被害銀行一覧や対策と調べる方法は?

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」に勝手に紐づけられた銀行口座から預金が不正に出金される被害が拡大しております。

ドコモ口座は口座口座番号とキャッシュカードの暗証番号が分かれば開設することが出来るという簡易さから被害が拡大しております。

NTTドコモは10日夕方に会見を開き、ドコモ口座による不正出金の被害が10日の正午で銀行が全国で11行、件数が66件、被害総額が1800万円にのぼることを公表いたしました。

という事でここでは被害銀行一覧や不正主出金にたいして個人でどのような対策をすればいいのかなどを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ドコモ口座の不正送金・不正出金の手口

まずどの様な手口で犯人はドコモ口座からお金をひきだしているのかということをですが。

  1. 犯人は口座番号とその口座の名義とキャッシュカードの暗証番号を何らかの方法で入手
  2. 暗証番号はわからない場合は「リバースブルートフォース」攻撃を使用した可能性もある。
  3. Webサイトを通じて口座振替の申し込みができる「Web口振受付サービス」を利用して口座預金をドコモ口座にチャージ
    という手口になります。

今回なぜ地方銀行ばかり被害を受けるのかというのはこのWeb口振受付サービスを利用しているからになります。

暗証番号については「リバースブルートフォース攻撃」と呼ばれる方法が用いられた可能性があるとされております。

IDとパスワードは通常複数入力すると凍結されますが、中にはIDの方は複数回入力しても凍結されない場合があり、パスワードの方を固定して同じものを使いIDを次々に変えながらアクセスを試みる力技の攻撃になります。

スポンサーリンク

ドコモ口座の不正出金・不正利用の被害銀行の一覧は?

今回のドコモ口座不正出金・不正利用の被害発表のあった銀行は下記の通りになります。(2020/9/9現在)

  • 七十七銀行
  • 大垣共立銀行
  • 中国銀行
  • 紀陽銀行
  • 滋賀銀行
  • 東邦銀行
  • 鳥取銀行
  • みちのく銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 第三銀行

ドコモ口座の提携銀行

ドコモ口座は下記の35の銀行で連携を行っております。下記の銀行に口座をお持ちの方は預金通帳を確認してもらいたいとNTTドコモの広報担当者は話しております。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • 伊予銀行
  • 池田泉州銀行
  • 愛媛銀行
  • 大分銀行
  • 大垣共立銀行
  • 紀陽銀行
  • 京都銀行
  • 滋賀銀行
  • 静岡銀行
  • 七十七銀行
  • 十六銀行
  • スルガ銀行
  • 仙台銀行
  • ソニー銀行
  • 但馬銀行
  • 第三銀行
  • 千葉銀行
  • 千葉興業銀行
  • 中国銀行
  • 東邦銀行
  • 鳥取銀行
  • 南都銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 八十二銀行
  • 肥後銀行
  • 百十四銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • 北洋銀行
  • みちのく銀行
  • 琉球銀行

ドコモ口座の不正出金・不正利用被害の確認方法

今回の被害で勘違いしがちなのは、ドコモ口座を持っている方が被害に遭うのではなく、ドコモ口座を利用した人が無い方が被害に遭う可能性が高いという事です。

ドコモ口座は一つの口座に紐づける事しかできない為、ドコモ口座と銀行口座をすでに紐づけている場合は被害に遭っている可能性は低いです。

ただ念のために身に覚えのない引き落としが無いかの確認は必要になります。

ドコモ口座を持っていない方は上記の預金通帳を記帳し、履歴に「ドコモコウザ」や「ディーバライ」の引き落としが記帳されていないかを確認してください。

ここで信じられないのはドコモは銀行口座の新規登録は停止はしておりますが、サービスは停止していない為、今後すでに偽装口座を作られている場合は引き落とされる可能性があるという事です。

これちょっとどうかと思いますよね。

要は被害に現在あっていない人も今後被害に遭う可能性があるため、引き落としのチェックをしないといけないという事です。

ドコモ側は下記の様に話しておりますが、

丸山氏は今後の被害拡大の可能性について「(被害額の)桁が変わるほどではないだろう」としながらも、「正直わからない部分はある」「(不正利用が続く可能性は)まだあるかもしれない」と話している。

そうであれば、被害拡大を食い止める対策として「チャージ機能自体の一時停止」や「全ユーザーに対する銀行口座紐付けの解除」を行うべき、という意見も現地では聞かれた。全額補償されるとは言っても、ひとたび被害にあえば、多かれ少なかれ面倒に巻き込まれることは避けられないからだ。

抜本的な抑制策まで踏み込まない理由は1点、1日1万3000件ほど発生しているという、ドコモ口座でチャージをしているユーザーへの影響に配慮したからだという。

正直「はぁ?」って感じですよね。

ドコモ口座でチャージしているユーザーのためにまったく関係ない人間が預金通帳を記帳して被害にあってないか確認しろという話になるわけですので。

そのため自衛手段をとるしかない状態ですが、方法としては

  • 上記の35銀行に口座を持っている場合はパスワードを変更する
  • 提携外の銀行へ預金を移し替える

という事になります。
何度も言うのですが、ドコモ口座でチャージしている人のために不正に作成されたドコモ口座も生き続ける事になります。

という事で全く関係ない人間が通帳の残高のチェックと通帳記入を行うという不毛な作業を頻繁に行わなければならないというのは納得できませんね。

最後に

という事で今回はNTTドコモの「ドコモ口座」の不正出金と被害銀行一覧と不正出金を調べる方法や対策について調べてみました。

NTTドコモはドコモ口座を停止しない為、新たに不正出金が行われる可能性があるため、今被害に遭っていない方も調べなければならないという状況ですので、ちょっとドコモの対応は信じられませんね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました