激レアさん|四反田凛太(したんだりんた)の高校や経歴とスマホ映画や他の作品

テレビ

9月12日に「激レアさんを連れてきた」に「スマホで撮った動画をスマホで編集し1本の映画に仕上げて、15歳で国際映画祭の優秀賞を最年少でとっちゃった人」として四反田凛太さんが登場いたします。

という事で今回は四反田凛太さんの経歴や父親や母親や兄弟といった家族構成はどうなっているのか?

そしてスマホで動画を撮って映画を作った経緯や作品についてと15歳の最年少で優秀賞をとった映画賞について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

四反田凛太さんのプロフィール

ではまずは四反田凛太さんのプロフィールについて見ていきましょう。

四反田凛太さんのプロフィール
  • 名前:四反田凛太(したんだ りんた)
  • 年齢:16歳又は17歳(2020年9月時点)
  • 出身:大阪府
  • 職業:高校生、映画監督、脚本家

四反田凛太さんの経歴

四反田凛太さんは、小さい頃から小説が大好きだったそうです。将来は自分も小説家になることを決めていたようです。学校では国語の授業が好きで、作文が得意だったそう。

小さいころから文学少年だったのですね!

ある日、自分の書いた文章を映像化してみたくなり、家のビデオカメラで友人を撮影しました。そこから映画撮影へ興味がわきます。

「しっかりとした映像を撮影してみたい。」と思った四反田凛太さんは、わずか中学3年生で青春SF映画の「或いは。」を完成させました。

しかもこの映画、脚本・演出・編集をすべて一人で行ったそうです!出演者は小中学校の時の同級生で、製作費は驚愕の7000円。

それだけを見ると趣味の域を超えないように思うのですが、この映画がのちに大変な騒ぎを巻き起こします。

「門真国際映画祭2019」にこの作品を出品した四反田凛太さん。すると「スマホで撮影したとは思えない」と高評価を受け、わずか15歳という最年少で最優秀編集賞と優秀作品賞を受賞したのです!

さらに、2019年11月には「フジテレビヤングシナリオ大賞」で佳作を受賞しています。脚本家としても才能があるのですね!!

スマホで撮影した映画なんて、現代的ですよね。思いついてもなかなか実行に移さないようなことを、堂々と実行し、賞まで受賞してしまう四反田凛太さんはすごいですよね。

しかもまだ高校生。将来が楽しみな存在ですね。

スポンサーリンク

四反田凛太さんの高校はどこ?

四反田凛太さんは、もともと高校に行く気はなかったようです。

映画監督としての活動に専念する予定だったのですね。

しかし気が変わり、今は通信制高校「ルネサンス大阪高校」に進学しています。

学業と仕事の両立を目指すなんてすばらしいですね!

四反田凛太さんの父親や母親や兄弟といった家族は?

四反田凛太さんのご両親ですが、一般の方で情報はありませんが、お父様は音響関係の仕事で、お母様はボーカリストだそうです。

幼いころから音楽に触れる家庭で過ごしていたのですね。

ご兄弟についても、積極的に公開はしていないようです。

四反田凛太さんが映画を撮り始めた経緯

経歴でもお話しましたが、小説が好きだったことをきっかけに、自分の書いた小説を映像化したい、と映画監督の世界に興味を持った四反田凛太さん。

小学校3年生のころから撮影を始めたそうで、今も年に何本も撮影を行っているそうです。

その時の撮影方法はいきなりマンションの前にセットを作り即興劇方式で撮るやり方でした。

小説は文字を追って頭で想像して読むものですが、映画はストーリーを視覚的に見ることができるので魅力に感じたようです。同じ視覚的に見れるものとして、映画だけでは無く舞台にも興味があるそうです。

四反田凛太さんの作品

実は映画監督だけではなく、脚本家としても大活躍をしている四反田凛太さん。

劇団から脚本のオファーを貰ったり、ミュージシャンのミュージックビデオを撮影したり、幅広く活動されています。利益にならない仕事も依頼されれば受けて人脈を広げているようです。

また、今まで音楽の著作権の関係で映画をコンテストに出さずにいましたが、著作権が大丈夫な映画を撮影し、出品したのが「或いは。」だったそうです。

しかも「或いは。」の凄いところは、撮影だけではなく、編集もスマホで行っていたということです。

実はこの作品、四反田凛太さんのYoutube公式チャンネルで無料で公開されています!ぜひ見てみて下さいね!

その他にも、サイコスリラーの「散ルカモネ」

コメディ映画の「ヒーローなんだって」

四反田凛太さんが一人二役をこなした生と死の物語「どこからともなく」

などもYoutubeで見ることができます!

四反田凛太さんは現在も撮影をしていて、最新作「そのママ弾いて」は2021年公開予定だそうです。期待ですね!

最後に

類まれなる才能で日本に衝撃を与え続けている四反田凛太さん。

これからますます活躍する四反田凛太さんに期待です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました