激レアさん|安彦考真(年俸120円Jリーガー)の経歴や結婚や子供と他の収入や仕事は?

テレビ

7月18日土曜日の「激レアさんを連れてきた。」に登場した安彦考真さん。

現役のJリーガーでありながら年棒が120円というのは本当なのか?

気になる経歴や高校・大学、結婚や子供について書かせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

安彦考真さんはJリーガー

View this post on Instagram

どんなときでも笑顔は大事。 ずっとそう思ってきたけど「ヘラヘラ」するなら笑顔なんてなくてもいいって思う自分も現れた。 どっちが正解ではない。 でも、ヘラヘラしながら何かを成し得ることは俺にはできない。 笑うなら腹の底から笑って、怒るなら腹の底から怒る。 研ぎ澄ますなら、徹底的に研ぎ澄ます。 毎日が同じでなくていい。 毎日が違っていい。 大事なのは自分が決断したことが正しいかどうかで悩むのではなく、 自分が決断したことを正解にする覚悟を決めること。 その気持ちがなければ人は決断なんてできない。 さぁ、やるのか、やらないのか。 決めるのは自分だ。 #笑顔で #真剣に #研ぎ澄ます #やるのか #やらないのか #決断 #その先を正解にする

A post shared by 安彦 考真/Takamasa Abiko (@abitakamasa) on


安彦考真さんは現在42歳の現役Jリーガーですがその収入はほぼ0円というもの。

一旦はプロのサッカー選手は引退していましたが、どのように過ごし、今はどのような生活をしているのでしょうか?

安彦考真さんのプロフィール

  • 名前:安彦考真(あびこたかまさ)
  • 生年月日:1978年2月1日(42歳)
  • 出身:神奈川県相模原市
  • 身長:175㎝
  • 職業:サッカー選手、指導者

安彦考真さんは神奈川県相模原市で生まれ育ち、子供の頃からサッカーをしてきた少年。

高校の進学を考えた時に麻布大学附属渕野辺高等学校(現・麻布大学附属高等学校)へ進みたくセレクションに合格しますが、推薦入学とはならず神奈川県立新磯高等学校に入学します。

当時は荒れた学校だった為、驚いたそうです。

そんな学生生活の中、三浦和良選手が高校1年生の時にブラジルへ留学したことから自分もブラジル留学への憧れがあり、新聞配達のアルバイトをして渡航費を貯め、高校3年生の時に念願かないブラジルへ留学します。

1か月だった留学期間は延長されるなど充実した経験となりました。

そんな留学を経て帰国し高校を卒業すると大学へは進学せずサッカーの練習の傍らアルバイトに専念。

そして渡航費を貯めて再びブラジルに渡りました。

安彦考真さんの経歴

ブラジルに渡ると本拠地としているチーム「グレミオ・マリンガ」と契約することになった安彦考真さん。

しかしリーグ戦の直前に前十字靱帯を断裂してしまい契約解除、帰国となりました。

それから清水エスパルスとサガン鳥栖の入団テストにチャレンジするも不合格。

サッカー選手として引退を決意し指導者となり、サッカースクールの運営やマネジメント、高校の監督などを経験します。

そんな時、一人の生徒が「1500円の本を買うためクラウドファンディングをしたけど300円しか集まらなかった」という話を聞いた安彦考真さんは、生徒の行動力に刺激を受け再びJリーガーを目指すことになります。

年俸120円とは?他の収入は?

その転機は39歳の時、仕事を無料化して「月1円」などで契約をした安彦考真さんは、アマチュアのブレッサ相模原や関東1部のエリースFC東京、水戸ホーリーホックへの所属を経て、20019年にはY.S.C.C.横浜へ完全移籍しました。

この契約に関しても「年棒120円」というものです。

ただ個人スポンサーが付き、年間240万円の契約を交わすことになりました。

しかしその契約の延長も今年の2月に自ら断り、現在は2020年限りで引退することを明らかにしています。

彼女や結婚や子供はいるのか?

安彦考真さんは一度結婚していますが10年程の結婚生活を経て離婚しています。

詳しい内容は分かりませんが、以前に不倫をしたことがあると話していましたので、もしかしたらそれが原因かもしれません。

その後、結婚はされていないようです。

今はどのような生活をしているかというと、再びJリーガーを目指す前は年収900万円程の仕事に就き東京・恵比寿駅近くの家賃30万円のマンションに暮らしていたそうですが、サッカー選手に再チャレンジする時に仕事を辞めて実家へ戻りました。

貯金もなく収入もなくなる為、そうしたようですね。

現在はご両親と一緒に暮らしているのではないでしょうか。

引退後の現在の職業は?

View this post on Instagram

誰だって生きたいように生きれる。 そのためにすることは、今、自分がこれが大事だという優先順位を疑うこと。 お金が一番と思っているなら、本当にそうか?と疑うこと。 信念が一番と思っているなら、本当にそうか?と疑うこと。 生きたいように生きれる人は、何かに縛られていない。 地位や名誉も足かせになることがある。 お金や肩書も足かせになることがある。 僕らができるのは自分の人生に自分の足跡をつけること。 その足跡とは何か? 自分が一番堂々と歩けるその背景には何があるのかを考えれば、自ずと足跡の正体が見えるはず。 インスタラジオは今日で43回を迎えた。 インスタライブは今日で84回を迎えた。 最近動画が残せない現象が起きてるが、100回にまでやり続ける! 継続したこのインスタライブは僕の足跡になる。 そこにある想いが、後に形として表れる。 半径3m以内の人を大切にして、子どもたちにカッコイイ大人を見せていこう! #friday #年俸120円 #レア #インスタラジオ #インスタライブ #おっさん #アラフォーライフ

A post shared by 安彦 考真/Takamasa Abiko (@abitakamasa) on


安彦考真さんは引退後に行う新事業に向け、知人と100年後の日本を考えるグループ「THINK 2121」を立ち上げています。

後継者不足や移民問題の解消などについて現在は議論しながら機会を探っている状態だそう。

自身のTwitterでは「いじめ相談窓口開設!DMください!」と書かれており、自分に出来る事を自分に出来る範囲でやり切るという思いを持っているよう。

そして諦めず常に自分の進む方向を考えているようです。

最後に

今回は現役Jリーガーでありながら年棒はほぼ0円という安彦考真さんについて書かせて頂きました。

これからも活躍を応援したいと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました