行列のできる法律相談所スペシャルMCはウェンツ瑛士でブルゾンちえみが最後

行列のできる法律相談所では35億ネタでブレイクしたブルゾンちえみさんが最後の出演となります。

ブルゾンちえみさんは35億ネタだけでなく「人は見た目が100パーセント」でドラマ出演し上祐デビューを果たし、24時間テレビでマラソンランナーに選ばれた際は瞬間最高視聴率「40.5%」をたたき出しました。

しかし、今回2020年4月12日に最後の出演になるとのことです。

また今回は意外な方がMCになるという事です。

ということでここでは、ブルゾンちえみさんの今後とMCについて書かせていただきます。

スポンサーリンク

ブルゾンちえみさんの今後


ブルゾンちえみさんは2020円の3月末で所属事務所であるワタナベエンターテイメントは退所されております。

では現在どうされているかといいますと本名の「藤原史織」として4月からインスタグラムやツイッターなどのSNSやyoutubeチャンネルを開設しております。

本来は留学予定だった

ブルゾンちえみさんは本来は4月からイタリアへ留学する予定でした。

しかし、新型コロナの影響が広がり、イタリアでは1万8千人の死者を出す状況をとなっております。

ということで、延期となっております。

スポンサーリンク

イタリアに留学の理由

ブルゾンちえみさんは2年ほどまえプライベートでイタリアのローマを訪れた際に街並みや人々の人柄にほれ込みイタリアに留学することを決意したとのことです。

そして、西日本豪雨の際は出身地の岡山県でボランティア活動をするなど社会貢献にも強い興味ブルゾンちえみさんは持っております。

という事で、社会貢献も含めて海外への留学を決意いたします。

いつ留学ができる状況になるかわかりませんが、頑張ってほしいと思います。

今回の行列のできる法律相談所のMCはウェンツ瑛士

今回の行列のできる法律相談所ではウェンツ瑛士さんがMCでした。

ウェンツ瑛士さんは2018年に留学いたしました。

4歳からモデル活動を開始し、7歳でテレビ初出演をして、芸歴は30年となりました。

そしてゲゲゲの鬼太郎で初主演すると日本アカデミー賞新人賞を受賞

小池徹平と組んだWaTでは紅白出場を果たしました。

しかし今回2018年に突如留学を致しました。

現地では3か月英語をまともにしゃべれずうつ状態となるも最終的に全編英語の2人芝居を成功させるまでになりました。

今回の収録は日本に帰ってきて丁度2週間とのことです。

最後に

ブルゾンちえみさんが行列のできる法律相談所が最後という事と特別MCは誰という事に関して調べてみました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました