半沢直樹2の白井亜希子のモデルは蓮舫でタスクフォースの元ネタは前原誠司?

視聴率22パーセント越えをたたき出しております半沢直樹ですが、原作のロスジェネの逆襲の部分に当たる証券会社編が終わり、今度は航空会社の経営再建にあたる原作の「銀翼のイカロス」編に突入いたします。

5話以降の帝国航空の経営再建の話は民主党政権下の際に設置された「JAL再生タスクフォース」が元ネタとなっております。

という事で、登場人物の進政党の議員というのは当時の民主党議員を彷彿とさせます。

そんななか今回は江口のりこさん演じる国土交通大臣の白井亜希子のモデルについて書かせいていただきたいと思います。

人物が蓮舫で、出来事が前原誠司議員だと思われますので、調べてみたいとおもいます。

スポンサーリンク

白井亜希子の概要

白井亜希子は父親が官僚で、母親が老舗百貨店の一人娘という裕福な家庭に生まれました。アナウンサーとして活躍したのち政治家に転身いたします。

そして客寄せパンダと言われながらも進政党の箕部啓治の後ろ盾により国土交通大臣となりました。

そして、憲民党が成し遂げられなかった帝国航空の再建を成し遂げるという自らの実績作りのため、憲民党で設置された有識者会議を解散し、私所属の諮問機関「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げました。

そして、半沢直樹の東京中央銀行に債権の7割カットを要求しました。

スポンサーリンク

人物像のモデルは蓮舫

白井亜希子の人物像についてはおそらく蓮舫議員がモデルだと思われます。

蓮舫さんは台湾人の父と日本人の母の長所として生まれました。

17歳の時にテレホンカードのCMに出演したのを皮切りにタレント活動を始め、1988年にクラリオンガールに選ばれたことにより、グラビアアイドルとして活躍いたしました。

その後徐々に「スーパーワイド」や「ステーションEYE」などの情報番組やワイドショーなどでのキャスター業に軸を映しました。

その後2004年にの衆院選で当選し、政治家に転身すると、内閣府匿名担当大臣に就任するなどいたします。

しかし、蓮舫議員を一躍有名にしたのは、2009年の仕分け人となった際の「2位じゃダメなんでしょうか?」発言ですね。

こういったものごとの上っ面しか見ていない感じを白井亜希子の描写も書いておりますので、ディスっている感じにとらえられます。

政策の元ネタは前原誠司

View this post on Instagram

国は66年、球磨川水系川辺川の川辺川ダム計画を発表。しかしダム水没地の同県五木村など流域で反対運動が起こり、2008年9月、蒲島郁夫知事が計画反対を表明。09年9月には政権交代してまもない民主党政権の前原誠司・国土交通相が計画中止を表明した。 国交省と熊本県、流域市町村は09年1月、ダムに代わる治水策の協議を開始。19年6月の会合では国と県が治水策10案を提示したが、完成までの費用が最も安いものでも約2800億円で最高は約1兆2000億円に上り、景観を損ねる恐れのある案や工期が50年以上かかる案もあった。 流域市町村はかねて国に「スピード感」を求めていたが10年以上たっても現実的な治水策は出てこず、一部の首長は「自民党政権に戻った国は本心ではダムを造りたいのではないか」と不満を募らせていた。 @@@@@@ 治水は国の骨幹。少なくとも川野部ダムが有ったなら今回の犠牲者は救えたはず。つまり責任は前原誠司&民主党にある! #熊本県 #球磨川氾濫 #川野部ダム #治水は国の骨幹 #治水事業 #前原誠司 #前原誠司先生よろしくお願いします #前原誠司さん #民主党

A post shared by 訓史 細萱 (@norifumihosogaya) on

蓮舫さんは民主党政権下で国土交通大臣には就任しておりません。今回の半沢直樹の銀翼のイカロス編で話題となっております。

企業再生タスクフォースは前原誠司議員が国土交通大臣時代に掲げた政策になります。

前原誠司さんは京都大学法学部卒業後、松下幸之助の設立した松下政経塾に入塾し、卒業後に京都府議会議員を経て日本新党から民主党で議員として活躍いたします。

前原誠司議員は2009年の民主党への政権交代のおり、国土交通大臣に就任いたします。

その際に航空行政の抜本的な見直しを行っており、その際に当時経営難となっていた日本航空を公的資金の注入をせずに私的整理を目的として私的に「JAL再生タスクフォース」を立ち上げます。

ですが、最終的にドラマや原作のように債権放棄を銀行側が拒否し、公的資金の注入が必要との判断となり、企業再生支援機構の手に渡りJALを法的整理することになりました。

江口のりこさんのプロフィール

View this post on Instagram

ドラマ「野田ともうします。」 の時代から ファンでした!!  江口のりこさん♡  劇団での下積み時代から 何か持ってるー!? (*≧∀≦*)  カレーライスにおける らっきょうのような  あるべきものが そこにある  そんな すっとした存在感が 好きです♡  19日から始まる 「半沢直樹」も 楽しみにしています^_−☆  ビーフカレーを 食べながら…(笑)   3分で1個心のブロック解除 マインドブロックバスター 中田洋子   #3分で1個心のブロック解除 #マインドブロックバスター #中田洋子 #潜在意識 #ブロック解除 #メンタルブロック #コロナに負けるな #コロナに負けないココロ #江口のりこ #野田ともうします #女優 #俳優 #ファン #爆報theフライデー #tbs #ドラマ #半沢直樹 #劇団 #カレーライス #らっきょう #ビーフカレー #楽しみ #おうちごはん #晩ご飯 #まいうー #カレー大好き

A post shared by 中田洋子 (@nakadayoko45) on

白井亜希子を演じるのは江口のりこさんになります。

  • 芸名:江口のりこ
  • 本名:江口徳子
  • 生年月日:1980年4月28日
  • 年齢:40歳
  • 出身地:兵庫県飾磨郡夢前町
  • 劇団:劇団東京乾電池
  • 事務所:ノックアウト

江口のりこさんは劇団東京乾電池出身の女優になります。

2000年に入団いたしまして、住み込みの新聞配達のしごとをしながら女優活動を続け、2006年の時効警察のサネイエ役で知られるようになりました。

個人的な感想を言いますと、もう少し派手目な顔立ちの方が演じると思ってましたので、これは意外でした。

最後に

という事で今回は半沢直樹2の銀翼のイカロス編に登場いたします、白井亜希子について元ネタを調べてみました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました