ホンマでっかTVのすべての血液型を持つ黄金の血とは?輸血するには?

今回さんまのホンマでっかTVは血液型スペシャルという事で、血液型に関してのホンマでっか!?と驚く内容が紹介されるとのことです。

その中で、世界で43人しかいない全ての血液型を持つ「黄金の血」を持つ人について紹介されます。

全ての血液型を持つとはどういう状態なのか?またそもそも血液型とはどのように分類されるのか?などの血液型のしくみについてここでは調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

黄金の血とは

番組内で紹介さる黄金の血ですが、日本でおなじみのA,B,O,ABと4種類に分ける方法以外にRh因子で分類するRh式血液型などといったさまざま分類方法があり、厳密にいえば血液型は何百種類も存在いたします。

それはどのように分類されるかといえば「抗原」によって分類されます。その「抗原」を全く持っておらず、どんな血液型の他人に輸血しても拒絶反応が起きないゆえに「黄金の血」と呼ばれております。

抗原と抗体は?

まず身体の中に侵入してきた異物に対してその特徴を記憶して攻撃するものが「抗体」と呼びます。

そしてその抗体が異物として攻撃しようと「免疫応答」を引き起こす物質の事を呼びます。

ちなみにですが、その攻撃を本来食べ物や薬、花粉など害のないものに対しても過剰に攻撃をして自分を傷つけてしまうことをアレルギー反応といいます。

スポンサーリンク

血液型について

では血液型はどのように分類されているのでしょうか?

人間の赤血球の表面には最大342種類の抗原があります。その抗原の種類によって血液型は分類されております。

一般的に知られているA,B,O,ABと四種類に分類されるのはLW血液型とよばれており、抗原にはA抗原,B抗原とあり、それに対応する抗体の組み合わせにより分類されております。

それとは別に、Rh血液型という分類の方法があります。

Rh血液型は342種類の抗原をおおまかにC,c,D,E,eなどの61種類に分類しておりますおります。

その中のD抗原というものを分類に使い、その抗原の有無で分類をD抗原が有る場合をRh陽性「Rh+」,無い場合を「Rh-」と呼びます。

よくドラマなどで、「Rhマイナスだから輸血できない」といった場面が出てきたりしますが、そのRhはこのことです。

Rhマイナスは日本人に0.5パーセントしかいない稀な血液型になります。

Rhマイナスの人はRhマイナスの人しか輸血を受けることが出来ません。よってドラマのような場面ができることになります。

逆にRhプラスの人にRhマイナスの血液を輸血することはできます。

黄金の血を持つレア人間は何人いる?特徴は?

D抗原が無い血液型自体が珍しいのですが、さらにRh抗原自体をすべて持たない「Rh null」という血液が存在します。それが今回話題に上った「黄金の血液」となります。

黄金の血は抗原を全く持たない為、すべての血液型に対して輸血をすることが出来ます。

この血液型は1961年オーストラリアの原住民から見つかりました。日本では67年に確認されております。

全世界では国際赤十字の調査で43人しか確認されておりません。

かつ輸血の意思を示しているのはブラジル、中国、日本にいる6人とまさに黄金の血となります。

そしてこの6人の血はO型であるため、ABO型においても完全に誰にでも輸血ができる血液であるとみられます。

ただしこちらに関しては公式な情報が確認できておりません。

黄金の血のメリットとデメリット

では黄金の血とはすべてにおいて万能なのかといえば逆を返せばデメリットになります。

どういうことかといいますと、黄金の血液型の人は黄金の血液型の人からしか輸血をすることができません。

つまり他人を助けられても自分が助からないという自己犠牲を強いられる血液になります。

黄金の血を持っている方は輸血できないかといいますとイギリスにあるIBGRLという研究所では世界中の珍しい血液が保存されており、イギリスの病院ではい1パック200ドルで提供され、イギリス国外の場合はIBGRLと価格交渉して送ってもらうことが出来るとのことで、完全に輸血できないという事ではないようです。

最後に

という事で、今回はさんまのホンマでっかTVで紹介される全世界で43人しかいない黄金の血についてご紹介させていただきました。

最近では血液型で個人の性格を決めつけて、不快にさせることを「ブラッドタイプハラスメント」などと言ったりもするようです。

血液型で性格がわかるというのは根拠がないとも言われておりますが、こういった抗原や抗体の関係から性格が関連付けられるような説も根強くある物事実です。

ですが、この黄金の血は血液型占いは一体どうなるんでしょうね?日本独特のものという事ですが、日本人にもいるとのことなので。

一応ABO型はO型になるので、血液型占いはO型になるのでしょうか?

当方はB型ですので、日本人の20パーセントとAB型の10パーセントについで低い割合の血液型ですが、輸血に困るといったことは起きないので、普通な人間でよかったと思ってしまいますね。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました