iPhoneSE2020年版(第2世代)はイヤホンジャックなしでデュアルSIM!発売日や値段その他スペック

ニュース

アップルが15日にiphoneSE2020年版(第2世代)を24日に発売すると発表いたしました。

ここでは発表から話題となっておりますのはイヤホンジャックがなしでホームボタンが復活しているという事です。

という事で、今回はiphoneSEの第2世代のスペックやイヤホンジャックやFaceIDやTouchIDなどといったスペックや機能について公表されているものを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

iPhoneSE2020年版(第2世代)の予約開始日や発売日や価格

予約開始日 2020年4月17日(金)21:00~
発売日 電車何分バス何分 インター何分
電話番号 発売日 2020年4月24日(金)

となっております。

新型コロナウイルスによる世界の状況もあり、イベントなどは行われず、Appleの公式ページによる発表のみとなりました。

※追記

発売日は5月11日に延期となりました。

3.5mmイヤホンジャック無し

正直な所ありにしてもらいたかった部分でしたので、下記に書かせていただきましたが、3.5mmイヤホンジャックは搭載されておりません。

付属のイヤホンはLightningConnectorに接続するイヤホンになっております。そのため市販の有線のイヤホンをつける場合には変換ケーブルが必要になります。

イヤホンジャック無しに対してのネット上の声

とイヤホンジャック無しには残念だとする声が多数ですね。

物理SIMとeSIM搭載のデュアルSIM

今回のiPhoneSE2020年版(第2世代)では今までの物理SIMに加えてeSIMも搭載されたデュアルSIMとなっております。

eSIMとは店頭で発行せず、ネットで契約したのちにQRコードを読み取ることで、キャリアのサービスが開始されるSIMになります。

これにより、プランに応じての使い分けなどもしやすくなります。

Touch IDとホームボタンが復活

デザインがiphone8を踏襲していることもあり、iPhoneSE(第2世代)ではiPhone8に搭載されていたTouchIDとホームボタンが復活しております。

新型コロナウイルスにより、マスク必須な現在ではマスクを外さなければならないFaceIDよりTouchIDの方がより好まれるとも思います。

スポンサーリンク

iPhoneSE2020年版(第2世代)のストレージ容量と価格

64GB 44,800円
128GB 49,800円
256GB 60,800円

価格の方は容量が128GBでも50,000円を切っており、手を出しやすい価格となっております。

iPhoneSE(第2世代)のデザインやボディの特徴

その他iPhoneSE(第2世代)で気になるデザインの特徴をまとめてみました。

iPhoneSE2020年版(第2世代)のカラーバリエーションは?

IPhoneSE2020年版(第2世代)のカラーバリエーションは3種類となっております。

ホワイト、ブラック、レッドとなっております。ブラックに関してはいつものスペースグレーといった感じの色味ではなく黒色そのものです。

画面サイズは4.7インチでRetinaHDディスプレイ

画面サイズはiPhone8を踏襲して、4.7インチと初代iPhoneSEより大きiPhone11より小さくなっております。

iPhene8を持っていた方はわかると思いますが、片手で持ちやすいサイズ感になっております。

また、ディスプレイは廉価版という位置づけという事もあり、有機ELではなくRetinaHDディスプレイとなっております。

ボディはガラスとアルミニウム

iPhoneSE2020年版第2世代のボディは背面はiに採用されているガラス素材とアルミニウムのボディとなっております。

iPhoneSE2020年版(第2世代)のスペック

ここではiPhene11Proなどと比べてスペックはどうなのか?について調べてみたいと思います。

IP67等級の防沫性能、耐水性能、防塵性能

ボディは理論上IEC規格60529という企画で言うところの、理論上では推進1メートルで30分耐えられる設計とのことです。

シングルカメラポートレート撮影・4K動画対応で広角無し

iPhoneSE2020年版(第2世代)ですが、カメラはシングルカメラと成るため、広角にはなりませんが、ポートレート撮影や4Kの動画撮影には対応しております。

そして手ぶれ補正機能などもついております。

搭載チップはiPhone11Proと同じA13Bionicチップ

処理能力ですが、iPhoneSE2020年版(第2世代)ではiPhone11Proと同じチップであるA13Bionicが搭載されます。

という事で廉価版ではありますが、アプリなどの操作感はiPhone11などとくらべても遜色は無いでしょう。

最後に

という事でiPhoneSE2020年版(第2世代)はイヤホンジャックなしに対してのネット上の反応や発売日や価格、デザインやスペックなどについて書かせたいただきました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました