石垣のりこ議員が炎上!安倍総理辞任の病気を癖と投稿で謝罪!本名や経歴や結婚や子供について

安倍晋三首相が28日の記者会見で辞任を発表いたしましたが、潰瘍性大腸炎が再発した安倍総理大臣に対して、立憲民主党の議員の石垣のりこ議員が「大事な時に体を壊す癖がある」と発言して炎上しております。

どのような発言でその後謝罪などはあったのでしょうか?
調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

石垣のりこ議員がTwitterで炎上

Twitterには安倍総理大臣の辞任の際に下記の様な発言をしております。

国内の患者数が16万6000人にもなる難病の中でも患者数のもっとも多い潰瘍性大腸炎を「癖」といった事で、非難が殺到しております。

そして、11時21分に石垣のりこ議員のTwitterにこの投稿に対しての回答が示されておりますが、下記の様に回答しておりますが、まったく意味が分からない内容となっております。

要約すると前回同じ潰瘍性大腸炎で総理を辞任した、安倍総理大臣が再び同じ病気で辞任したことに対して、環境を整備しなかった自民党が悪いと言いたかった、と言ったような内容が書かれておりますが、これでさらに炎上しております。

根本的な話ですが、自身の発言の何が問題になっているのか全く分かっていないことがうかがえます。「大事な時に体を壊す癖がある」と病気を「癖」といった事が問題となっておりますが、そこには一切触れておらず、ただただ、再選した際に同じ病気で再び辞任しないような環境を整えなかった自由民主党が悪い。と言ったような内容に終始しております。

とりあえず流れとしては立憲民主党の枝野幸男代表が下記の投稿をしておりますので、要請があって投稿したと思われますが、結果的にはかえって批判されており、対応としては失敗だったと思います。

その後立憲民主党の福山幹事長から不適切であると指摘され謝罪するに至っております。

「確かに」など言ってる部分などで、納得いっていない雰囲気が分かってしまいますので、さらに炎上しております。

スポンサーリンク

立憲民主党からも石垣のりこ議員の批判の声

この投稿に対しては立憲民主党の議員からも疑問の声が投げかけられております。

政策や主張について

石垣のりこ議員の主張は下記のようになります。

まず消費税に関しては消費税撤廃も含めて、根本的な税制改革を行うとのことです。

そして、夫婦別姓については賛成の立場になります。

原発については再稼働などには反対の姿勢です。
正確な情報開示がなされておらず、原子力のみに頼ったエネルギー政策は見直すべきとしております。

憲法に関しては改憲は「市民の議論の熟成」を待つ立場になります。

震災復興や地域振興に関しては農林水産業に政府が本気で取り組めば金を生む産業にすることが出来るとの考えです。

安倍総理について

安倍総理についてはアベノミクスをキャッチーなフレーズで内実がなく、個人消費を喚起しないと経済は良くならないと語っております。

外交につきましては中国やロシアや米国に足元をみられているとの主張です。

働き方改革については働く人ではなく雇う側の都合の為の「雇い方改革」になっていると語っております。

そして、今回の、潰瘍性大腸炎で辞任すると発表した会見について「癖」になるわけです。

石垣のりこ議員の経歴

  • 石垣のりこ議員の経歴
  • 生年月日:1974年8月1日
  • 出身地:宮城県仙台市宮城野区
  • 前職:エフエム仙台アナウンサー
  • 政党:立憲民主党

石垣のりこ氏は宮城教育大学小学校教員養成課程教育心理学コースを卒業し1998年4月にエフエム仙台に入社し、アナウンサーとして活躍しておりました。

その後2019年の7月21日の参院選で初当選いたしました。

石垣のり子議員の本名や結婚や子供は?

石垣のりこ議員はアナウンサーの時代に結婚しており、子供は現在小学5年生とのことです。

旦那さんは一般の方という事で公表されておりません。

また石垣のりこ議員は本名は小川のり子というのが本名になります。おそらくアナウンサー時代に結婚した際にそのまま旧姓を名乗り続けていると思われます。

最後に

という事で、今回は安倍総理大臣辞任の理由である病気「潰瘍性大腸炎」を癖といった石垣のりこ議員について書かせていただきました。

石垣のりこ議員は元アナウンサーですが、この間のグッデイでの安藤優子アナのパワハラ発言といい、どうも病気を軽く考えている方が多いと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました