情熱大陸|難波英史のwiki経歴と寿司店「鮨 なんば」の場所や値段

11月8日放送の「情熱大陸」に出演した難波英史さん。

このコロナ渦でも予約約9ヶ月待ちの超人気鮨(すし)店「鮨 なんば」。

東京ミッドタウン日比谷に店舗をかまえる鮨職人・難波英史さんの鮨に対するこだわりと情熱とは?

難波英史さんのプロフィール、経歴、お店やメニューについても調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

難波英史さんのwikiプロフィールや経歴

難波英史さんは20歳から鮨職人を志し、今では東京ミッドタウン日比谷にも店舗を構える、超人気鮨屋の店主です。

難波英史さんが営む鮨屋の人気の秘密はズバリ"温度"にありました!

難波英史さんのプロフィール
    <名前:難波 英史(なんば ひでふみ)

  • 生年月日:1974年?月?日
  • 出身:東京都杉並区
  • 職業:鮨職人

東京ミッドタウン日比谷というグルメ激戦区にある鮨屋「鮨 なんば」。食べログでも同エリア・寿司ジャンルで堂々の評価No.1を誇る店舗の店主兼鮨職人の難波英史さんは、鮨に対して並々ならない想いと研究の成果を持っています。

難波英史さんの経歴

難波英史さんは20歳の時に鮨職人を志し、その後数軒のすし屋での修行を経て、2007年32歳の時に独立、荻窪に「鮨なんば」を開きます。

それも超有名店での修行ではなく、所謂「町のすし屋」のような所でとにかく知識と経験を重ねてきました。

この時の知識が今の難波英史さんを形作っているといっても過言ではない程、膨大な知識を得られるよう日々努力をされてきたそうです。

4年後の2011年に阿佐ヶ谷に移転した時に、難波英史さんの本格的な鮨の研究がはじまります。それはネタやシャリは勿論、すしの"温度"に注目した美味しさの追究だったのです。

"温度"という独自の着眼点で新たなスタイルを確立した難波英史さんは、お弟子さんに阿佐ヶ谷の店舗を任せ、自身は東京ミッドタウン日比谷のなかに新たな店舗を出店します。

あくなき研究と努力を重ねた難波英史さんの新たな店舗は、今では阿佐ヶ谷店以上の人気店舗になりました。

スポンサーリンク

難波英史さんの店「鮨 なんば」について

難波英史さんの営む「鮨 なんば」は東京ミッドタウン日比谷にありながら、派手すぎない奥ゆかしくひっそりとした入り口になっています。

店内は8席のカウンターがあり、目の前で難波英史さんが腕を振るってくれます。

「鮨 なんば」で提供されるすしは、そのネタごとに難波英史さんが研究し尽くした徹底的な"温度管理"のもと提供されます。

例えば、金目鯛は舎利38℃・種25℃、穴子は舎利40℃・種42℃など、ネタごとに最高の舎利の温度、種(ネタ)の温度の組み合わせを独自の研究から導き出し、

舎利の硬さや甘さ、大きさなども勿論考慮したものが提供されるのです。

難波英史さんの鮨職人としての素晴らしい技術に加え、鮨一つ一つに「温度測定器」を使うほどの徹底ぶり、

その徹底的にこだわった鮨を一度は味わってみたいものです。

「鮨 なんば」の場所や価格と評判は?

難波英史さんの営む「鮨 なんば」は東京ミッドタウン日比谷の3階に店舗を構えます。

住所 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
交通機関 日比谷駅から144m
電話番号 03-6273-3334

(食べログURL)

鮨 なんば 日比谷 (日比谷/寿司)
★★★★☆4.70 ■舎利と種の温度を1℃単位で変える。飽くなき探究心に圧倒される、美味を極めた究極の一貫。 ■予算(夜):¥30,000~¥39,999
なんば・心斎橋の寿司 (鮨)が楽しめるおすすめレストラン16選
【電話予約よりおトク】厳選レストラン予約サイト「一休.comレストラン」では、寿司 (鮨)が美味しいなんば・心斎橋の厳選レストランを16件掲載中。ランチ、ディナーはもちろん、行きたい時間や、禁煙席などこだわり条件で簡単検索!デート、記念日、接待、女子会など、目的やシーンに合わせてあなたにあったレストラン選びができます。...

完全予約制の店舗です。9ヶ月待ち、、、情熱大陸の放送でさらに予約が増えていそうですが、気になる方はぜひ予約してみてください。

価格は、おまかせコース:33,000円(税抜)のみ!

その日その時に合わせ、難波英史さんがこだわりのつまみと鮨を握ってくれるそうです。

その組み合わせやラインナップはお客さんにもかなり評判で、常連のお客さんも何度でも楽しめるよう工夫がされているそうです。

”温度”だけでなく、”おまかせ”の内容も難波英史さんのこだわりが見えてくるようです。

こだわり抜かれた「鮨 なんば」の鮨は、食べた人に感動すら覚えさせる事もできるようです。

”温度”にこだわる鮨だからこそ、鮨自体に集中する楽しみ方ができる、そんな声も多くありました。

つまみに「あんこうのペースト」パンの上のせ。すし屋の常識を超える、美味しく新しいつまみも「鮨 なんば」の人気
の一つです。

また味だけではなく、店主である難波英史さんが鮨について一つ一つ説明してくださったり、優しいおもてなしをしてくれるところもお客さんから高評価のようです。

最後に

今回は徹底的な舎利と種への”温度”管理で、鮨を究極の一品に仕上げる鮨職人・難波英史さんについて書かせて頂きました。

ただ美味しいだけのすしとは一味違う、難波英史さんの握る「鮨 なんば」のすし、ぜひ一度味わってみたいものですね!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました