麻婆丼(全国丼グランプリ一位)の味芳斎(みほうさい)の場所と地図|火曜サプライズ

今回火曜サプライズでは全国丼グランプリ金賞獲得をした麻婆丼の味芳斎(ミホウサイ)が紹介されます。

こちらの麻婆丼は見た目的に豆腐が細かく潰してあってイメージで普通の麻婆丼と違った印象を受けます。

という事で、今回は味芳斎(ミホウサイ)と全国丼グランプリ金賞獲得をした麻婆丼について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

全国丼グランプリとは?

全国丼グランプリとは社団法人全国丼連盟が主催するコンテストで、天丼やかつ丼など丼ぶりの種類ごとに毎年金賞を決定しております。

部門は毎年変わっており2019年は以下10部門に分かれております。

  • 天丼部門
  • カツ丼部門
  • 豚丼部門
  • 親子丼部門
  • 東日本肉丼部門
  • 西日本肉丼部門
  • 海鮮丼部門
  • メガ盛り丼部門
  • 東日本バラエティ丼部門
  • 西日本バラエティ丼部門

となっております。

味芳斎本店は第一回は中華丼部門があり、その中で一位を獲得しております。

全国丼グランプリ金賞の麻婆丼の味芳斎(ミホウサイ)の場所と地図

味芳斎(ミホウサイ)は本店と支店が現在はあります。

味芳斎(ミホウサイ)本店の場所と地図

まず本店の場所と地図になります。

本店は大江戸線の大門駅から徒歩1分の場所になります。

住所 東京都港区芝大門1-4-13
交通機関 都営浅草線・大江戸線「大門駅」A5出口、徒歩約30秒
大門駅から110m
営業時間 11:00~15:00,17:30~22:00
ラストオーダーは21:30
定休日:土・日曜日・祝日
電話番号 03-3431-6543

味芳斎(ミホウサイ)本店の場所と地図

味芳斎の支店の住所はこちらになります。

住所 東京都港区芝大門1-10-1 全国たばこビル 1F
交通機関 都営地下鉄三田線御成門駅より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線大門駅より徒歩5分御成門駅から227m
営業時間 [月~金]
11:00~15:00(L.O.14:45)
17:00~22:00(L.O. 21:30)
[土・祝]
11:30~15:00(L.O.14:45)
17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:日曜日・年末年始日
電話番号 03-3433-1095

味芳斎の麻婆丼について

View this post on Instagram

大門にある、味芳斎(みほうさい)。麻婆豆腐フリークとしては行っておかないといけないお店と思い訪問。注文はもちろん麻婆豆腐丼で、着席から2分程度ででてきました。程よい辛さと、潰された豆腐に具材が絡み合っていたのは初めての感覚。飲み物ではないですが、3分で食べ終わりました。少し辛めかも知れませんが、間違いなく万人受けする麻婆豆腐。個人的にはもう少し辛い&痺れがあるといいなーと思いました。また近くに行った際は伺いたいお店です。 #味芳斎 #時差投稿 #時差スタグラム #大門 #浜松町 #麻婆豆腐 #激辛 #激辛グルメ #激辛麻婆豆腐 #定食 #ランチ #中華料理 #中華 #東京グルメ #グルメ部 #グルメ #グルメ好きな人と繋がりたい#tokyo #japan #japanese #japanesefood #instagood #instagram #instalike #instafood #instadaily #lunch #chinesefood #chinese

A post shared by Hiroyuki Matsukura@ストーリーおじさん (@hiro_mattsu1228) on

味芳斎は創業60年の老舗の中華料理店でランチタイムともなると行列ができる人気店です。

麻婆丼が有名なため、四川料理のお店と思われがちですが、湖南料理を提供するお店となります。

湖南料理は最も辛い中華料理と言われておりますので、全体的に辛いメニューが多いです。

辛くないメニューもありますので、辛いのが苦手な方も来店しても大丈夫です。

麻婆丼は一般的な麻婆豆腐と異なり、つぶした豆腐がトロトロの餡とひき肉が絡み合い従来の麻婆豆腐より、一体感を出しております。

さらに甘味はほとんどなく豆鼓が入った味付けはご飯と絶妙に合います。

牛肉飯について

味芳斎でもう一つ看板メニューとなっておりますのが牛肉飯になります。

見た目は麻婆丼より辛くないように見えますが、実は牛肉飯の方が辛いです。

何種類ものスパイスを使用し、旨みと味の濃さがスゴイソースややゼラチン質のねっとり感を味わえる柔らかく煮込まれた牛肉は中華料理版ビーフカレーといっても過言ではありません。

最後に

という事で、今回は火曜サプライズで紹介された全国丼グランプリ金賞を獲得した麻婆丼の店味芳斎(ミホウサイ)について紹介させていただきました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました