矢神勇磨の正体の原作小説ネタバレ|危険なビーナスのドラマとの違い

テレビ

2020年10月11日より社会現象を巻き起こした半沢直樹の後番組として、「危険なビーナス」がスタートいたしました。

危険なビーナスは主人公の手島伯朗が弟の妻と自称する矢神楓と共に失踪した弟の矢神明人の行方の手がかりを得るために、八神家の30億の遺産争いに巻き込まれていくという話になります。

自称妻の矢神楓についてはこちらに書かせていただいております。

この中で矢神楓の次に何を考えているのかが気になるのが、ディーンフジオカさんが演じている矢神家の養子の矢神勇磨になります。

という事で今回は矢神悠磨の正体の原作ネタバレや違いなどについて書かせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

危険なビーナスのドラマ第一話のあらすじ

矢神勇磨(ディーンフジオカ)は矢神家の養子で、矢神沙代(麻生祐未)の息子になります。

矢神沙代は矢神康之介の愛人でしたが、息子の勇磨とともに矢神家の養子になっておりますので、矢神明人(染谷将太)の父親の兄弟という事になりますので、伯父と伯母という事になります。

矢神勇磨(ディーンフジオカ)は現在は都内に複数のダイニングレストランを運営しているという事で、商才はありますが、性格が最悪な嫌味で女好きな男です。

原作との違い

小説と原作でその後のストーリーに大きくかかわる部分での違いは子供の頃に物置小屋に伯朗を閉じ込めていた回想シーンがありますが、そういった事は行われておりません。

このあたりはオリジナルな展開がありそうです。

矢神勇磨(ディーンフジオカ)と手島伯朗(妻夫木聡)はこどもの頃から仲が悪い

View this post on Instagram

『危険なビーナス』 2話放送は今夜9時 ということで、とっておきのオフショットを公開 今夜何かを仕掛けてきそうな勇磨… ディーン・フジオカ さん だんだん勇磨に見下ろされるのが癖になりそう… このお写真、実はある人が撮影しているのですが…誰でしょう その答えは《火鍋兄弟》の吉高由里子さんでした。 色んな所に隠し謎解きがありそうです😁 後、15分です☺️ #危険なビーナス #日曜劇場 #東野圭吾 #ブーナス #妻夫木聡 #吉高由里子 #ディーンフジオカ #染谷将太 #中村アン #斉藤由貴 #小日向文世 #堀田真由 #結木滉星 #福田麻貴 #3時のヒロイン #麻生祐未 #坂井真紀 #安欄けい #田口浩正 #池内万作 #栗原英雄 #戸田恵子 #backnumber #エメラルド

A post shared by jkdrama2010 (@jkdrama2010) on

主人公の手島伯郎とはこどもの頃に因縁があります。

一応は第一話で矢神勇磨(ディーンフジオカ)と手島伯朗(妻夫木聡)の子供の頃の話は若干語られておりますが、小説ではもっと深く掘り下げられております。

ネタバレかもしれませんので、気になる方はバックお願いいたします。

手島伯郎のこどもの頃に母親の禎子(斉藤由貴)が矢神康治と結婚した際に

「おまえの母ちゃんうまくやったな」「結婚するんだろ?こんなお屋敷の跡取り息子だぜ。一生遊んで暮らせるんじゃないの」

と言ったり、禎子と康治の間に弟の明人が生まれた際は、

「もう終わりだな」「弟なんかが生まれたら、おまえはもう終わりってことだよ。お前の母ちゃんの役目もほぼ終わり。いつ追い出されるかわからないから覚悟しておけ」

と嫌味な事を言い伯朗をいじめる嫌味なやつでした。

そんな矢神家に愛想をつかした伯朗は、大学卒業ととも手島姓を名乗るようになり、医者ではなく獣医になりました。

ただ、矢神勇磨(ディーンフジオカ)自体も養子になった際に矢神康之介の本妻に子供時代にいじめられていたという事もあり、こういった性格になったと思われるので、矢神家がろくでもないと言えばろくでもないですね。

そして、今回の矢神家での親族会議で久々に対面するのですが、部外者扱いするなど、嫌味な所は変わっておりません。

しかし、大人になった矢神勇磨は男前の女たらしになっておりました。

という事も明人の妻と紹介されたにも関わらず、楓を口説きにかかっておりました。

何かにつけて2人きりになろうとする勇磨に対して、楓も矢神家の情報を聞き出そうとあえて勇磨と二人きりになるような行動をして、伯朗をやきもきさせます。[ad]

矢神勇磨の正体の「危険なビーナス」原作ネタバレ

ここからは「危険なビーナス」の原作小説のネタバレが含まれております。

特に矢神勇磨と矢神楓のネタバレが含まれておりますので、お気を付けください。

矢神楓(吉高由里子)の正体のネタバレについてはこちらに書かせていただいております。


矢神勇磨の正体は矢神楓の協力者です。

もっとも最初の顔合わせの時は矢神楓の正体には気づいておりませんでした。

矢神勇磨はもともとは矢神佐代と共に矢神家を乗っ取ろうとしておりました。

しかし、いくら仕事とはいえ、妻の楓だけ帰国させていつまでもシアトルにいるという事を不審に思った矢神勇磨はシアトルの知り合いのつてをたどって矢神明人と矢神楓の足取りについて調査いたしました。

そして、明人と楓が二人とも日本に帰国しているはずという事を知った勇磨は楓を問い詰め、楓は自分の正体をすべて話をして、勇磨は楓に協力することになります。

勇磨が捜査協力をする理由ですが、矢神康治は遺産の他に「後天的サヴァン症候群」の研究をしており、解明すれば歴史的発見という研究内容でした。

この「後天的サヴァン症候群」の研究資料が金になると考えた勇磨は楓に協力することにしたのでした。

最終的に「後天的サヴァン症候群」の資料は手に入れたのですが、実は財政事情が厳しい状況になっております、矢神家を明人と共に復興しようと考える、意外といい人というような感じで終わります。

最後に

という事で危険なビーナスの矢神家の養子の矢神勇磨について調べてみました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました