鬼滅の刃の制作会社のユーフォ―テーブルが脱税!映画やアニメ続編2期は中止?

ニュース

2020年6月3日に鬼滅の刃を制作しているアニメ制作会社「ユーフォ―テーブル」が脱税の1億4千万円の脱税の疑いで東京国税局査察部に脱税容疑で告発されております。。

今回のこのニュースで気になるのは10月に鬼滅の刃の映画が放映されますが、それに影響はあるのか?また、第2期に影響はあるのか?

といった事ですよね。

という事で、今回はこの鬼滅の刃のアニメ制作会社「ユーフォ―テーブル」の脱税に関しての概要と続編の映画や第2期に影響は及ぶのか?について調べてみました。

スポンサーリンク

鬼滅の刃の「ユーフォ―テーブル」の脱税の内容

今回問題となり告発された脱税とはどういった内容だったのでしょうか?

ユーフォ―テーブルは制作したアニメを題材にしたカフェやレストランを各地で経営しておりました。

その中の東京と大阪の4店舗分の売り上げの帳簿を改ざんし、4億4600万円分の売り上げを申告しなかったため、約一億一千万円分の法人税を申告しなかったことになります。

その他にも、売上を申告しなかったということで、売上に対しての消費税2900万円を脱税した嫌疑もかけられております。

こちらは2019年の3月に疑いが出て調査をずっとされていたということになります。

スポンサーリンク

ユーフォ―テーブルカフェとは

ユーフォ―テーブルカフェは東京、名古屋、大阪、徳島、北九州で展開しております。

ユーフォ―テーブルで製作されているアニメのコラボイベントが行われており、Fateや鬼滅の刃のコラボイベントの場合は平日は比較的入れるようですが、土日はどこの店舗も大混雑だったようです。

そういうこともあり、やはり税務署でも申告の違和感に気付いたのでしょうかね

脱税の場合に重加算税や延滞税を支払う?

今回の場合自ら修正申告した場合でないと税金はどうなるのでしょうか?

まず、延滞税ですが、納期限の翌月から2か月は2.6%でそれ以降は年8.9%になります。

さらにあらたに収めることになった税額の10%の過少申告加算税か、35%の重加算税が課税されます。

延滞税と合わせてですので、延滞税の計算がどのようになるのかが正確な金額が出ないので、割愛させていただきますが、脱税した分をほぼ払わないといけないのではないでしょうか?

鬼滅の刃の映画や続編の放映は中止になるか?

こんかいことさらテレビのニュースでは鬼滅の刃の制作会社というところが強調されているため、心配なのは、今回の件で映画や続編がダメになるのか?ということですね。

これに関しては中止になる可能性はほぼ無いと言っても良いのではないでしょうか?

何故なら、元々2019年3月の段階で、税務署の調査が入っておりますが、ユーフォ―テーブル制作のアニメ「Fate Grand Order」が2019年の9月の下旬に放送されます。

という事で、すでに嫌疑のある段階で、「Fate」は放送されているという事で、そのまま鬼滅の刃は放送されると思われます。

ただ、今回の脱税で、資金面で何等か悪化して、会社そのものが傾くといった事も無きにしも非ずですので、100%とは言い切れませんね。

現在の動画配信の鬼滅の刃に影響は?

木村花さんの逝去の場合は「テラスハウス」が配信停止になりましたね。

という事で、こういったネガティブな話題が出た場合は心配になりますが、鬼滅の刃の第1期の配信も普通にされております。

最後に

という事で、今回は鬼滅の刃の制作会社「ユーフォ―テーブル」が脱税の告発をされたという事で、鬼滅の刃の映画の中止の可能性や不―フォーカフェなどについて調べてみました。

この件が影響して会社の資金繰りに問題が発生するといった事が起きない限りは、中止などの可能性は薄いという結果とさせていただきました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました