今夜くらべてみました|文音(長渕剛娘)のwiki経歴と家族や兄弟について

8月26日放送の「今夜くらべてみました」に登場した女優の文音さん。

父親はあの長渕剛さんです。

今夜比べてみましたで、バラエティ初登場だという事で、父親である長渕剛さんについても語られるようです。

なんでも彼氏に空手道場で制裁をしたそうです。

という事で、気になる高校や大学などの経歴や、本名、女優について書かせて頂きます。

スポンサーリンク

文音さんは長渕剛さんの娘

女優の文音さんは長渕剛さんの長女で、2008年に女優としてデビューしました。

これまでに映画やドラマ、舞台などで活躍しています。

文音さんのプロフィール

  • 名前:文音(あやね)
  • 生年月日:1988年3月17日(32歳)
  • 出身:東京都世田谷区
  • 身長:163㎝

文音さんは父親がシンガーソングライターで俳優の長渕剛さん、母親が女優の志穂美悦子さんという芸能の両親の元、3人姉弟の長女として生まれ、弟が2人の5人家族で育ちました。

本名は長渕文音(ながぶちあやね)さんで、父である長渕剛さんが「あやちゃん」と呼びたかったことからつけられたそう。

4歳の頃からクラシックバレエを習っています。

また、語学にも関心を持っており中学では英語コースを選択。

高校は関東国際高校外国語科英語コースに進学しました。

早くから英語に慣れ親しんできたこともあり英語の実力は高く、高校1年生の時のスピーチコンテストでは全国大会へ出場するほどの成績。

その後、明治学院大学国際学部で学び、語学や国際的な知識を身につけていきました。

そしてこの頃には芸能界での活動を本格的に始めていきます。

スポンサーリンク

文音さんの経歴

文音さんは2008年、20歳頃に芸名を本名の“長渕文音”で映画「三本木尿業高校、馬術部」に出演し主役として女優デビューを果たします。

そして第33回報知映画賞新人賞と第32回日本アカデミー賞新人賞を受賞。

2011年3月にはWOWOWのドラマ「堤幸彦×佐野元春『コヨーテ、海へ』」へも出演しました。

翌年2012年9月からは演劇を学ぶため1年半の期間、ニューヨークのフィルムアカデミーactingへ留学しています。

その後、2014年5月に帰国すると芸名を“文音”に改名し、TBSのドラマ「SAKURA~事件を聞く女」で活動を再開。

文音さんはこれまでに映画「ばぁちゃんロード」や今年の7月に公開された「いけいけ!バカオンナ」で主演を演じているほか、NHKドラマ「Home Sweet Tokyo」やTBSドラマ「病室で念仏を唱えないでください」などに出演しています。

文音さんの家族や兄弟について

文音さんには2人の弟がいまして長男が「長渕航」さん、次男が「長渕蓮」さん。

航さんは“WATARU”や“wa航ru”の芸名でラッパーとしてライブ活動などを行っています。

また学生の頃には極真空手の選手として全日本大会で優勝するという経験を持っています。

蓮さんは12歳からレーシングカートを始め、レーサーとして活躍してきました。

イギリスへのレース留学などで技術を磨き、シリーズチャンピオンになるなど成績を残しますが、2014年20歳頃にレース中の事故で腰椎を負傷したために引退。

現在は“ReN”という名でシンガーソングライターをしています。

ご家族みなさんが芸能人という一家なのですね。


ご両親がとても有名な方ですので、どのような子供時代を送ってこられたのか気になります。

文音さんは両親のことを尊敬していると言い、父親のことを「いつも追いかけていきたい大きな背中」と話していました。

長渕剛さんといえばお仕事で忙しい毎日だと思いますが、授業参観にも必ず来てくれたそう。

両親からは常に愛情を感じており寂しいと思うこともなかったとのことです。

最後に

今回は女優の文音さんについて書かせて頂きました。

これからの活躍も楽しみです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました