ロコンドCM宮迫博之のくづの曲「君の靴がロコンド」の配信や歌詞は?元ネタ「くず」と「全てが僕の力になる」について

宮迫博之さんが靴の通販サイトロコンドで人気yotuberのヒカルさんとCMに出演することが話題となっております。

今回のCMでは宮迫博之さんと山口智充さんが組んでいたユニット「くず」をモチーフにくつに濁点を付けた「くづ」としてCMソングを歌います。

ということで今回は以前宮迫博之さんの出演していたワンナイロックンロールとロコンドのCMの「くづ」のモチーフとなった「くず」と楽曲「全てが僕の力になる」について書かせていただきます。

宮迫博之さんとヒカルさんのロコンドのCMに関してはこちらに書かせていただいております。

ロコンドのヒカルと宮迫博之のテレビ復帰CMはいつ放送で番組は何?
雨上がり決死隊の宮迫博之(50)さんと人気youtuberのヒカルさんが靴&ファッション通販サイト「ロコンド」のテレビCMに出演することが決定いたしております。 今回はこのロコンドのCMに出演が決定し、放映されるまでの経緯や放送開始は...
スポンサーリンク

ロコンドCMソング「君の靴がロコンド」の歌詞

歌 : 宮迫博之(雨上がり決死隊)
詞 : 田中裕輔(ロコンド)
曲 : コトブキミュージックラボ

君の靴がロコンド
僕の靴もロコンド

素敵な靴は 素敵な場所に
連れて行ってくれるってね
僕も素敵な靴を履いたら
素敵な場所に戻れるかな

君の靴がロコンド
僕の靴もロコンド

暗い闇の中 迷い続けて
たどり着いたこの場所
闇を沢山 歩いたからこそ
いまのじぶんが光る(ヒカル)から

君の靴がロコンド
僕の靴もロコンド

人気バラエティ番組「ワンナイロックンロール」についてや、宮迫博之さんと山口智充さんが組んでいたユニット「くず」の代表作「全てが僕の力になる!」や「ムーンライト」など、詳しくご紹介いたします。

伝説の人気バラエティ番組ワンナイR&Rとは

「ワンナイロックンロール」とはフジテレビにて2000年10月から2006年12月まで放送されていたバラエティ番組です。

出演者は雨上がり決死隊(宮迫博之さん・蛍原徹さん)、DonDokoDon(平畠啓史さん・山口智充さん)、ガレッジセール(ゴリさん・川田広樹さん)、小池栄子さんなど。

もともと2000年10月にフジテレビ一部地域での深夜枠で「エブナイ」として放送開始された番組で、翌2001年10月に「ワンナイR&R」に改題しました。

2002年3月にレギュラー放送が一旦終了しましたが、2002年4月からは深夜放送として不定期に放送。

その間、スペシャル番組として2度の全国放送も叶っており、2002年10月からは念願の初全国ネットレギュラー放送が決定となります。

「水10!ワンナイR&R」とし2006年12月まで続きました。

これらの番組は通称「ワンナイ」として多くのファンから親しまれており、スペシャルやレギュラー番組などを通してゲスト出演や番組内でのコント出演、準レギュラー陣の豪華な顔ぶれも話題となりました。

明石家さんまさん、とんねるずさん、ナインティナインさんなどを始め、松浦亜弥さんや根本はるみさん、なかやまきんに君、安室奈美恵さん、吉川ひなのさん、ハリセンボン、ブラックマヨネーズ、オリエンタルラジオなど有名人から今人気の芸人などがおり、この番組がきっかけでブレイクした人も多いでしょう。

スポンサーリンク

ワンナイでは様々なキャラクターが誕生

ワンナイはコントをメインに構成された番組で、様々なコーナーやキャラクターが生まれました。

例えばゴリさん演じる「松浦ゴリエさん」や宮迫博之さんが演じる「轟さん」(とどろきさん)のキャラクターなどがあるでしょう。

轟さんに関しては宮迫博之さんが今年の3月に自身のYouTubeチャンネル内で復活させたことが話題となりました。

轟さんの出演はワンナイ世代からの反響が大きく、喜びの声が多数上がっています。

それ以降も轟さんは何度か出演しており、轟さんがワンナイのキャラクターであることから、同じくワンナイ内で誕生した宮迫博之さんと山口智充さんのユニット「くず」の復活を望む声も上がっています。

ワンナイで生まれたユニット「くず」とは?


くずはワンナイ内でHIRO(宮迫博之さん)とANIKI(山口智充さん)が組んだ2人組のスーパーデュオユニットとされています。

作詞・作曲はANIKI、ダンスはHIROが担当。

当初は不良コンビが音楽を通じて更生するという設定でしたが、2001年の1枚目シングル「ムーンライト」から本格的な歌声と音楽が話題となり、2004年3月にリリースされた3枚目のシングル「全てが僕の力になる!」ではオリコン初登場1位を成し遂げています。

2020年4月24日放送「ダウンタウンなう」に出演した山口智充さんは当時の宮迫博之さんとの関係を話し、話題となりましたね。

当時、くずで作詞・作曲を担当していた山口智充さんに印税が入ってきたことを知った宮迫博之さんは「ぐっさん、俺、曲作るわ」と言い、くしゃくしゃのレポート用紙に一行だけ書いて山口智充さんに渡した。

そして「あと、よろしく。俺の曲にしてな。」と言ったそうです。

ダウンタウンなうの番組内ではその話を聞いたダウンタウンら一同は引きながらも、松本人志さんが「それが“さこさん”なんです」、山口智充さんが「設定やなくて“くず”なんです」といい、笑いが上がっていました。

くず「全てが僕の力になる」ほか曲紹介

先に書いたようにくずはコントから生まれたスーパーデュオユニットでありながら、本格的な音楽でたちまち人気となりました。

くずが出した曲をご紹介いたします。

シングル

  1. ムーンライト(2001年11月)
  2. 生きることってすばらしい(2002年10月)
  3. 全てが僕の力になる!(2004年3月)
  4. その手で夢をつかみとれ!/みんな一人で生きてない!(2005年9月)
  5. 夏の日々と親父の笑顔(2006年11月)

アルバム

  • くずアルバム(2003年3月)

くずは同局「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」への出演を皮切りに、他局「ミュージックステーション」にも出演。

2003年に発売したアルバムでは宇多田ヒカルさんやGLAY、甲斐よしひろさん、佐野元春さんなども参加したことが有名となりました。

くずは完成度の高い曲がワンナイファンのみならず、ワンナイを見ていなかった層からも支持を得ており、昨今、宮迫博之さんがYouTubeチャンネル内で轟さんを演じたことからも、くず復活を求める声が出ております。

くずはワンナイ以降の活動はされていませんが、2009年7月に山口智充さんがレギュラーを務めていたテレビ朝日「笑顔がごちそう ウチゴハン」へ宮迫博之さんがゲスト出演した際に久しぶりの歌声を披露していました。

最後に

今回は宮迫博之さんと山口智充さんのユニット「くず」についてご紹介いたしました。

宮迫博之さんのYouTubeでの復活も噂されており、今後の活動を期待したいです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました