ラブリが強制わいせつで書類送検した被害者A子は誰で顔画像やIT企業はどこ?レズの真偽と旦那は?

モデルでありながらも動物愛護活動などのSNS配信など社会はインフルエンサーとしても知られるラブリさんですが、今回性的被害を受けたとして刑事告訴した女性がインタビューを受けた模様が週刊文春に掲載されております。
ラブリさんと言えば2019年の11月27日に映像作家の米倉豪太さんと結婚しております。また2020年の5月30日には第1子となる長女を出産しております。
という事で、女性に対してそういった性的嗜好があるとは思えないのですが一体どのような事が起きたのでしょうか?
またこの被害者とされるA子は一体どういう人物なのでしょうか?調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ラブリさんが強制わいせつで書類送検された内容

週刊文春によれば、被害者とされるA子さんは大手IT企業で働いていた時にラブリさんのプロジェクトの責任者になった際に親睦旅行として2019年5月に和歌山県の白浜町に5人で旅行をしたそうです。

その際に事件は起き、部屋に戻ったA子さんが寝ているところをラブリさんが襲ったと語っております。

A子さんはそのショックで心身にショックを受けて性暴力被害者を支援するNPO法人に相談に行き、病院を紹介されました。
そして診断の結果PTSDになっていたとのことです。
という事で、A子さんは和歌山県警白濱警察署に被害届と告訴状を提出したことにより、強制わいせつ被疑事件として書類送検されたとのことです。

なぜラブリは強制わいせつ罪か?

なぜ今回の行為が強制わいせつ罪なのでしょうか?

文春の報道によれば以前は「強姦罪」となっていたものは「強制性交罪」という罪名にかわり男が男を襲った場合も強制的に性交を行ったとして、認められます。

しかし、女性の場合は成功とはならないとのことです。法律によれば性交はいわゆる自己の者を他者の口や局部や肛門にいれる行為という事で、女性の場合はそういった行為がないため「強制わいせつ罪」になるとのことです。

スポンサーリンク

A子の顔画像やIT企業とはどこ?

この文春で取材に応じたA子さんですが、残念ながら顔画像や名前などはありません。

また今回の事件の発端となったプロジェクトやIT企業はどこなのでしょうか?

一応2019年で調べてみますと12月20日から道後アートショーケースというプロジェクトに2019年と2020年に参加しておりました。

ラブリさんが松山市出身という事で、参加したプロジェクトですが、本州と四国と陸続きではないです。

しかし、場所はそれほど遠くない距離で旅行にはいい距離だと思われますので、このプロジェクトに参画した企業なのですかね?

ラブリの旦那の米倉強太は知っているのか?

ラブリさんといえば先にも書きましたが、2019年委結婚しており、さらに2020年の5月には第一子を出産もしております。

そんな状況で今回の女性への強制わいせつという事でなんともピンと来ない感じがしてしまいます。

米倉強太さんのプロフィール
  • 名前:米倉強太
  • 生年月日:1994年4月27日
  • 年齢:26歳(2021年1月現在)
  • 出身地:栃木県那須塩原市
  • 最終学歴:多摩美術大学

米倉強太さんはメンズノンノのモデルをしておりましたが、多摩美術大学で製造政策を学んだ後「moodict」という映像制作会社を立ち上げた後に「officesankai」を設立し、高校九映像の企画や制作を行っておりました。

そして、2018年にはパリで米倉強太自身の映像展を行い話題になるなど海外でも注目される人物です。

元メンズノンノモデルという事もあり、イケメンで且つすでに2020年の5月に出産しているという事で、無粋な話ですが、旦那さんとそういった行為を行った1~2か月前ぐらいにこの女性のA子さんにわいせつ行為を行ったという事になるんですが、ちょっと考えられないんですがどうなんでしょうか?

最後に

という事で今回はモデルで社会はインフルエンサーのラブリさんが女性から強制わいせつで訴えられ書類送検されていたとの事で、このA子さんは誰で顔画像はあるのか?や勤めていたIT企業はどこなのか?
について調べてみました。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました