M愛すべき人がいての友人の玉木理沙のモデルや女優no久保田沙友の経歴

話題の土ドラ「M 愛すべき人がいて」が気になる展開となっています。

今回はアユの友人・玉木理沙について詳しく調べてみました。

実際に玉木理沙のモデルとなった人物は誰なのか?

また演じている久保田沙友さんについてもご紹介いたします。

スポンサーリンク

「M 愛すべき人がいて」の登場人物・玉木理沙とは?


4月18日から始まった土曜日夜11時15分ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」が話題となっています。

そんな中、今回は友人「玉木理沙」について深く調べてみました。

第1話から登場している玉木理沙はアユが上京し始めて出来た友人で歌手デビューを目指しています。

2人の出会いを少しおさらいしておきます。

アユと玉木理沙の関係性

上京後、モデルや女優業をしながら堀越学園の芸能コースに通っていたアユは、クラスで孤立している存在でした。

学校の休み時間に台本を読んでいるアユは「女優アピール?」などと陰口を叩かれていましたが、そんなアユが努力する姿を見ていた理沙。

理沙はアユに対して「この学校は芸能人多いけどみんな意識低い。やっと同じハート持っている人見つけた。」と声を掛けるのです。

そうして始まった2人の友情関係。

カリスマプロデューサー・マサが次のスターを探しているという噂を聞きつけ、アユと理沙は一緒に六本木のディスコ・ベルファインを訪れてマサと出会いました。

ちなみに小説版では友人として「メイ」という登場人物がいまして、アユを支えつつ共に切磋琢磨しています。

小説版でメイは女優、ドラマの理沙は歌手を目指していたり、出会い方や状況など違いはありますが、親しい友人としては同じような関係性で登場しています。

理沙、そしてメイは、実際に浜崎あゆみさんのまわりにいた人物のどなたになるのでしょうか?

玉木理沙やメイのモデルとなった実在の人物は?


小説の中でアユの友人・メイのモデルとなったのは、実際に浜崎あゆみさんの親友である「豊田夏来」さんではないでしょうか。

この豊田夏来さんという人物は浜崎あゆみさんより2つ年上の元女優で、お互いのTwitterやブログなどに何度も登場しています。

仕事で悩んでいる時も家族のように相談にのったり支えたり叱ってくれるような存在で、浜崎あゆみさんは豊田夏来さんのことを「なっちゃん」、豊田夏来さんは浜崎あゆみさんのことを「ちび」と呼ぶ間柄。

豊田夏来さんは現在アパレルブランド「株式会社Girty's key」の社長をしています。

小説のメイとドラマの理沙が同人物か定かではありませんが、ドラマで理沙はマサに声を掛けられたアユに嫉妬していました。

今後のドラマ展開では2人の友情関係が気になるところでありますが、実際の友人・豊田夏来さんとは長年に渡る信頼できる間柄のようですね。

こちら豊田夏来さんのインスタグラムでは「ちび」こと浜崎あゆみさんへの想いが書かれています。

View this post on Instagram

tik tok '' MY ALL '' いつもならステージでちび ダンサーズ 一緒にステージをみるファンの子たち ちびスタッフ達 皆んなの踊るとこ見ながら踊ってるから 1人じゃうまく踊れないや 笑笑 素敵な愛あるリレーを ちびがやってるのをみて ほのぼのした ちびが22年目を迎えた 2020.4.8 早くステージで歌うちびを見ながら 一緒にMY ALL 踊れる日が早く訪れますように ちび 愛してるよ ❤️❤️🌞❤️❤️🌝❤️❤️ 去年七里ヶ浜で海一緒に走ったよね ぇぇぇぇの画像 早くまた七里ヶ浜でほのぼのしたいよねぇ #stayhome #おうちじかん 🏠

A post shared by NAtsuKI Girty's Key (@japan_natsuki) on

ちなみに小説内での名前「メイ」は豊田夏来さんが5月生まれという事が由来となっています。

玉木理沙役の久保田沙友さんとは?

View this post on Instagram

今日の久保田

A post shared by 久保田紗友 (@kubotasayu) on


ドラマ版の友人・玉木理沙役を演じている久保田沙友さんについてもご紹介したいと思います。

久保田沙友さんは1話から登場していまして、今後もアユに関わる重要な役どころでしょう。

まだ若い女優さんでありながら演技に深みがあり、今回の「M 愛すべき人がいて」以外にもドラマやCMで活躍しています。

  • 名前:久保田沙友(くぼたさゆ)
  • 生年月日:2000年1月18日(20歳)
  • 出身:北海道札幌市
  • 身長:158㎝
  • 血液型:A型
  • 所属:ソニー・ミュージックアーティスツ

子供の頃に見ていた「美少女戦士セーラームーン」に出演する北川景子さんに憧れ、今も目標だという久保田沙友さんは、小学4年生の時に地元にある芸能事務所「キャスティングオフィスエッグ」に所属しました。

同事務所の劇団「フルーツバスケット」のCMや舞台に出演し、2012年にはソニー・ミュージックアーティスツが主催する女優発掘オーディション「アクトレース」から選抜されたグループ「劇団ハーベスト」に参加。

2013年にBS-TBSのドラマ「神様のいたずら」で主演と主題歌を担当、2017年には長編映画「ハローグッバイ」で主演など活躍をし、2018年に劇団ハーベストを退団しています。

2020年には20歳を記念した初の写真集を発売。

今まで多くのドラマや映画、CMや広告イメージモデルで活躍してきており、有名なドラマでは2017年のNHK「べっぴんさん」や「過保護のカホコ」、2018年「この世界の片隅に」などでしょう。

CMはソニーや森永製菓、NTTドコモや伊藤園、ソフトバンクなど大手企業CMへ出演しています。

最後に

今回は「M 愛すべき人がいて」のメイや玉木理沙、演じている久保田沙友さんについてご紹介しました。

このドラマはキャラ設定や強烈な内容が話題となっており、今後の展開も気になりますね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました