マギアレコード 【マギレコ】アニメ第4話あらすじと感想「由比鶴乃登場!いろはの穢れは大丈夫?」

アニメ
スポンサーリンク

第4話「過去じゃないです」あらすじ

妹、ういに関する手がかりを得るため、神浜市の噂を調べることにしたいろは。

いろはは、みたまの紹介で、中華飯店『万々歳』の娘、鶴乃と出会う。

鶴乃は噂に関することならと、ある人物へ協力を依頼するが、待ち合わせに現れた助っ人はやちよだった。

やちよは神浜市の噂に詳しいのだという。3人は『口寄せ神社』があやしいのではないかと睨むが…。

出典:TVアニメ『マギアレコード 魔法少女まどか マギカ外伝』 STORY より

 

いろは、鶴乃、やちよの3人で口寄せ神社の手がかりを集めるために、スタンプラリーを行うが、辿り着いた神社は3人が最初に訪れた水名神社だった。

大きな神社である水名神社が噂の神社だったらもっと被害がでている筈だとやちよは言い、水名神社が口寄せ神社の可能性を否定してしまう。

ふとしたことでやちよはショッピングセンターのポイント10倍デーを思い出し、噂とは関係ないが2人を協力させて買い物をしようとするが、そこへ魔女が現れる。

魔女を無事に撃退した後、やちよはショッピングセンターの『期間限定』、『タイムセール』から神社の参拝時間が口寄せ神社に関係していることに気づく。

参拝時間の終わった夜に3人は再び水名神社に訪れ、絵馬にいろはとやちよがそれぞれ会いたい人の名前を書くと、いろはの目の前にういの姿が現れたのだった。

感想「由比鶴乃登場!いろはの穢れは大丈夫?」

第4話の感想

第4話で新しい噂『口寄せ神社』についての物語がスタートしました。

第4話から新キャラクター由比鶴乃と共に、助っ人のやちよを加え3人で噂についての調査を開始しました。

やちよについての過去についても触れられ、やちよの生活感も垣間見え、物語以外の部分でも楽しめました。

3話の引きで登場したマミさんがストーリーに絡んでこなかったことと、アニメオリジナルキャラクターの黒江がまたも登場しない点ではやや残念でした。

アニメ第4話は原作ゲームではどの部分?

アニメ第4話で描かれた内容は原作ゲームでは第3章第1話『なんでもできる世界』から第5話『参拝する少女たち』までの内容です。

これまでTVアニメ版を視聴してみて、ADVゲームの2周目のような印象を受けました。

原作ゲームの重要なポイントは同じですが、そこに辿り着くまでの経緯が原作ゲームとアニメとでは違い、そこにおもしろさがあります。

たとえば第4話では由比鶴乃が登場し、やちよと直ぐに合流しスタンプラリーを勧めましたが、原作ゲームでは噂を鶴乃といろは共に情報収集を行い、スタンプラリーはいろは1人で行っていたりします。

結局アニメと原作ゲームどちらも水名神社に辿り着くのですが、そこまでの物語がアニメではほとんど違い、初見の方はもちろん原作ゲームファンの方も楽しめるようになっています。

第4話のゲストキャラは阿見莉愛と胡桃まなか

スタンプラリーを3人が回っている途中で学校前を通り過ぎる描写で、登場したのが阿見莉愛と胡桃まなかです。

まだ第4話ですが、毎回ゲストキャラクターが登場しますね。

ひもQ

調整屋にていろはとももこ、レナ、かえでで絶交階段の噂に捕らわれた人たちが戻ってきたという話をしているシーンでは机に、ゼリービーンズなどのたくさんのお菓子が並べられていました。

いろはがおしゃれに広げていた紐状のお菓子ですが、2019年の7月に生産が終了した『ひもQ』ではないでしょうか?

ひもQをあんなにおしゃれに演出するなんて、シャフト恐るべしと思ってしまいました。

ちなみに横でみたまがすごいものを作っていましたね…。

鶴乃は何が最強なの?

元気っ子で、ちょっと天然、自分のペース全開の由比鶴乃ですが、実は頭が良く、学校の成績も最強(1番)だと原作ゲーム内で言っています。

原作ゲーム内でもドッペル解放やウワサverなんかもあり、鶴乃は結構優遇されているキャラでもある気がします。

いろはのソウルジェムの穢れ

原作ゲーム内のストーリーでは所々でいろはのソウルジェムに穢れが溜まっていく描写が挟まります。

一応ショッピングセンターでの魔女の戦闘でグリーフシードを獲得していますが、いろははその場で使わずそのままとって置くことにし、先送りにしています。

アニメではいろはのソウルジェムの穢れについて触れている描写がなく、原作ゲームのストーリーとアニメのストーリーに違いがでてくるのかなと思っています。

今後の展開が気になりますね。

 

 

第4話の感想は以上です。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました