マギレコ|アニメ第7話あらすじと感想「天音月夜、月咲登場!杏子の名言に注目!」マギアレコード

アニメ

アニメ「マギア・レコード-魔法少女まどか☆マギカ外伝-」の第5話の感想のあらすじと感想を書かせていただいております。

あらすじなどにネタバレが含まれます。

未視聴の方はアニメ配信数最大を誇るUNEXTをおススメいたします。

スポンサーリンク

第7話「一緒に帰りたい」あらすじ

噂の影に見え隠れする組織、『マギウスの翼』に勧誘されたフェリシア。

フェリシアは、いろは達を裏切り、マギウスの翼側につく。

同じく杏子も、勧誘に応じマギウスの翼にいた。

一方、フェリシアの足取りを頼りに、マギウスの翼が潜む地下水路へと足を踏み入れるいろは達。

フクロウ幸運水のカウントダウンがゼロになった時、幸運の見返りにとてつもない不幸に襲われるというが……。

出典:TVアニメ『マギアレコード 魔法少女まどか マギカ外伝』 STORY より

マギウスの翼を追ってきたいろはたちの前に白羽根の天音月夜と月咲が現れる。

不幸が訪れる前にマギウスの翼の方針に従うよう2人に言われるいろはだったが、噂の犠牲となった人々がいることを鶴乃が突きつける。

月夜と月咲は余興として魔女を操り、いろはたちに仕向け戦いへと発展してしまう。

マギウスの翼に寝返ったはずのフェリシアだったが、いろはが魔女に襲われる姿をみて、自分が魔女を倒す理由を思い出し、暴れ出してしまう。

更にそれを見て杏子もマギウスの翼への加入を拒み、魔女の迎撃に加わる。

4人が月夜と月咲と魔女の足止めをしている間にいろはは噂を倒しに向かう。

魔女を殲滅したやちよたちは月夜と月咲を追いつめたかに見えたが、2人はドッペルを使いやちよたちに襲い掛かる。

一方でいろはも噂を守る使い魔に苦戦し、彼女もまたドッペルを発動させてしまう。

その力で噂を倒すことに成功し、それを知った月夜と月咲も戦いの手を止める。

そこへ黒羽根を引き連れたみふゆが現れるのだった。

みふゆの姿に再会を素直に喜ぶ鶴乃だったが、みふゆは自分はマギウスの翼の一員であるため戻れないと告げる。

やちよの制止を振り切ってみふゆは月夜と月咲を連れてその場を去ってしまうのだった。

その後フェリシアが1人その場を去ろうとするが、いろはが共にこれからも戦いたいと説得する。

魔女への執念から断ろうとしたフェリシアは怒りの矛先を見失い泣き出してしまう。

そんなフェリシアにいろはが優しく声を掛け、しばらくやちよと共に住むことになった。

そしていろはもやちよの家であるみかづき壮に下宿することになり、次の噂を追うのだった。

感想「天音月夜、月咲登場!杏子の名言に注目!」

第7話の感想

第7話では『フクロウ幸運水』の噂からマギウスの翼へと辿り着き、黒羽根の上位の存在である白羽根の天音月夜と月咲が登場しました。

これまで通り原作ゲームのストーリーとアニメの内容はやや違い、見ていて面白いのですが、アニメ第7話ではフェリシアがいろはたちの側についた理由がやや曖昧に感じてしまいました。

原作ゲームではフェリシアがいろはたちからマギウスの翼へと寝返るものの、不幸になったときにフェリシアの大切にしている両親に買ってもらったぬいぐるみも無くなってしまうかもしれないと指摘され、うわさを解決することに協力するという動機がしっかりと描かれています。

またアニメ第7話での杏子の「希望と絶望のバランスは差し引きゼロ」というセリフは『まどマギ』の第7話で杏子がさやかに言ったセリフで、名言として話題になっています。

アニメ第7話は原作ゲームではどの部分?

アニメ第7話で描かれた内容は原作ゲームでは第4章4話『マギウスの翼』から第7話『いろはの新しい日々へ…』までの内容です。

今回は噂そのものがタイムリミッドで不幸になるというものと24の幸運を使いつくすと不幸がやってきてしまうという点で違いがあるので、原作ゲームのストーリーとはかなり違うという印象を受けました。

フードは被っていたほうが…

マギウスの翼の上位構成員の白羽根として天音月夜と月咲が登場しましたが、アニメ第7話ではフードを被っておらず最初から素顔を晒しています。

そのため白羽根というものがわかりにくいですが、フードを被ると黒羽根とほぼ似た装束になり、白羽根の名前の由来も見てわかります。

また黒羽根と白羽根のフードの上に触角のような模様があり、蚕を連想するような姿になっているのですが、アニメではその様子が見れないところが残念だなと思ってしまいました。

また黒江の魔法少女の姿が黒羽根に酷似していることから何か関係があるのではと予想されています。

 

これからのいろはたちの目的は?

アニメでは語られませんでしたが、マギウスの翼という魔女を操る集団が現れ、やちよと鶴乃の探し人であるみふゆがマギウスの翼に加わっていたため、必然的に2人はこれからも噂を潰すことになります。

またいろはも口寄せ神社でういが「運命を変えたいなら神浜市へ来て。この街で魔法少女は救われるから」と言っていたことから、マギウスの翼に関与しているとみふゆに指摘され、いろはもまたやちよたちと共に噂を追うことになります。

 

 

第7話の感想は以上です。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました