関本 恵子の経歴やデビュー作やボリウッドについて|マツコの知らない世界

関本 恵子の経歴やデビュー作やボリウッドについて マツコの知らない世界

8月25日放送の「マツコの知らない世界」に登場した関本恵子さん。

日本人初のボリウッドダンサーです。

今回はそんな関本恵子さんの気になる経歴やデビュー作、ボリウッドについてなど書かせていただきます。

スポンサーリンク

ボリウッド映画とは?


関本恵子さんはボリウッドダンサーとして、これまでに20本以上のボリウッド映画に出演しています。

まずは“ボリウッド”とは何なのかについて簡単にご説明させて頂きます。

「ボリウッド」とはインドの映画産業都市であるインド最大都市ムンバイの旧名ボンベイとハリウッドを合わせて出来た名前で、その地域で製作される映画を“ボリウッド映画”と呼んでいます。

実はインドは映画製作量が世界のトップ3にランクインするほどの映画大国で、年間1000以上の作品が作られていると言われています。

そんなボリウッド映画は日本の映画館ではあまり上映されていませんが、今、アジアを中心に多くの国で人気が広がっている映画です。

ボリウッドダンスとは?

ボリウッドダンスとはそのようなインド映画、ヒンディー映画のミュージカル場面に登場するダンスの総称で、インドの古典的な舞踊にヒップホップやフォークなど様々なダンス要素を取り入れたもの。

なお、インド人はボリウッド映画のボリウッドダンスシーンで観客も一緒に歌ったり踊ったりし参加する習慣があります。

そんな参加型でエンターテインメント性があるところがボリウッド映画の魅力の一つ。

文化の違いはありますが、ダンスの楽しさや起承転結のあるミュージカル仕立てなところ、そして明るくなれるものが多くボリウッドダンスのあるインド映画は一度見ると魅了される人が多いです。

以前、レディ・ガガさんが「これからはハリウッドではなくボリウッドよ」と話しています。

今までボリウッドとは聞きなれない言葉だったかもしれませんが、最近、世界で注目されている映画分野でしょう。

ここからはそんなボリウッド映画に出演しボリウッドダンスをする関本恵子さんのプロフィールを書かせて頂きます。

関本恵子さんのプロフィール

  • 名前:関本恵子(せきもとあやこ)
  • 生年月日:1986年1月11日(34歳)
  • 出身:青森県

関本恵子さんは青森で生まれ、高校は宮城県にある柴田女子高校といわれています。

卒業後は進学せずカナダのバンクーバーへ2年程留学。

その時、カナダで観たアーミル・カーン主演の「Fanaa」のボリウッドダンスに魅了されたことを機に、後にボリウッドダンスをすることになります。

映画「Fanaa」

留学を終え日本へ帰国し、22歳の頃にインドへ渡った関本恵子さんはまずはインドのことを知る為に3ヶ月間各地を巡り、インドの文化などに触れます。

そしてダンス学校である「Saroj khan dance academy」へ1年間通いダンスを学びます。

それから帰国をするつもりだった関本恵子さんですが、飛行機が遅延していたことにより偶然出会ったインド人歌手にムンバイの演技学校を紹介され「Actor prepares」へ入学し本格的なホリウッド留学となったのです。

外国人の少ない環境での言葉の壁や、文化や食べ物、宗教の違いなどに悩みつつも受け入れながら学んでいきます。

その後2012年にインド映画「Agneepath(炎の道)」でバックダンサーとしてデビューを果たした関本恵子さん。

これは東京国際映画祭で上映されたほど反響の大きい映画でした。

映画「Agneepath」

関本恵子さんの経歴


関本恵子さんは帰国し2016年に自身がプロデュースするボリウッドダンスグループ「チャクリカ(Chakrika)」を設立し本格的にボリウッドダンスを広めていきます。

いかにミュージカルのようなインド映画の世界観をステージ上で表現できるかに重点を置き、自ら振り付けも行いながら、映像制作などもこなしています。

現在は東京都に住んでおられるようで、ご結婚やお子さんについてなど私生活のことは公表されていません。

日本に住みながらインドへ行き来する生活を送っており、ボリウッドダンサーとしてインド映画やインドのテレビ、ドラマ、CMなどへ出演し活躍。

日本でパフォーマンスをする機会もあるようですよ。

なお関本恵子さんが立ち上げた「チャクリカ」のYouTubeチャンネルではボリウッドダンスの動画を見ることが出来ます。

関本恵子さんが出演しているその他のボリウッド映画もご紹介いたします。

映画「DABANGG2」


映画「バルフィ!人生に唄えば」 amazonURL

最後に

今回はボリウッドダンサーとして活動する関本恵子さんについて書かせて頂きました。

関本恵子さんはインドと日本の架け橋を目指しておられます。

これからもたくさんの活躍を楽しみにしています。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました