マツコ・デラックスがホンマでっか!?TVをなぜ卒業?降板の理由は引退?

2020年9月17日のさんまのホンマでっか!?TVではタレントのマツコ・デラックスさんが突然番組を卒業することが発表されました。
しかも最後に一瞬テロップの説明があったのみで終わったという事で、何らかのネガティブな理由ではないかと様々な憶測を呼んでおります。

という事で今回はマツコ・デラックスさんのさんまのホンマでっか!?TVをなぜ降板したのか?降板理由について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

マツコ・デラックスさんがさんまのホンマでっか!?TVを卒業

マツコ・デラックスさんが2010年からレギュラーとして出演しておりましたマツコ・デラックスさんが2020年9月17日放送のホンマでっか!?TVで卒業することが発表されましたが、その発表のされ方が番組の最後にテロップで表示されるのみという発表のされ方という事で様々な憶測を呼んでおります。

最近では三浦春馬さんや芦名星さんなどの件もあり、どうしてもなにかあるとネガティブな方向に行ってしまいますが、いったいなぜこのような降板となったのでしょうか?
原因や理由について探ってみたいと思います。

マツコ・デラックスは引退を考えている?

マツコ・デラックスさんは元々以前から芸能界で生涯生きていくつもりはなく引退する方向性をなんとなくは口にしておりました。
元々女装家のコラムニストであったマツコ・デラックスさんは2009年の冠番組「マツコの部屋」の頃からブレイクし始めましたが、その番組内でも「テレビに魂を売った」など、どちらかというとテレビに出演していることに対しては後ろ向きに捕らえている傾向がありました。

そして、2019年に「5時に夢中!」NHKから国民を守る党について発言したことにより、立花孝志党首が出演日の月曜日にマツコ・デラックスさんを出待ちするなどの騒動がありました。これに関しては現在も法廷闘争中であり、精神的疲労が重なり、その思いが強くなったとも言われております。

スポンサーリンク

5時に夢中もコロナで降板?

また昨今の新型コロナの影響により、テレビも出演者のソーシャルディスタンスを保ちながらの放送となり、一層拍車を書けていると思われるのが、5月11日の放送です。
この時は電話出演だったのですが、ふかわりょうの質問に対して、

マツコは「のんびりやっていますよ」としながらも、「普段からどんないいかげんな仕事してたんだろうと思って」「(世間の)みなさんは大変な思いをされているけども、この業界はあってもなくても一緒だってことが分かりましたよ」とポツリ。

芸能界全体、ひいては自分自身の存在意義を自ら否定するようなコメントを残し、珍しく弱音を吐く形となった。

などと答えておりました。

フジテレビやホンマでっかTVと揉めているのが理由?

ホンマでっかTVに関してはマツコ・デラックスさんだけでなく武田先生や澤口先生といったほぼ毎週出ていた方も最近出演が少なくなっており、内部でなんらかのトラブルがあったのかもと言われております。
ただ出演期間が10年という事もあり、マツコ自体がMCができるようになったという事もありこの時期に卒業自体は元々かんがえていたのかもしれません。

フジテレビとトラブルがあるのか?とも思いましたが、アウトデラックスは特に変わりなく出演しているので、こちらは考えにくいですね。

最後に

という事で今回はさんまのホンマでっか!?TVでマツコ・デラックスさんが突如卒業を発表されたため、何故卒業となったのかその理由や原因を調べてみました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました