森田真帆のwikiプロフィールや経歴と16日間で離婚した旦那や子供について|アウトデラックス

テレビ

今回のアウトデラックスでは結婚わずか16日で離婚を突き付けられた女性という事で、映画ライターの森田真帆さんが出演いたします。

番組では結婚生活が16日で離婚を突き付けられたという内容やカンヌ国際映画祭でもやらかしエピソードがあるそうです。

またテロップではバツ3シングルマザーとして紹介されております。

という事で、今回はアウトデラックスに出演する森田真帆さんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

森田真帆さんのwikiプロフィール

  • 名前:森田真帆
  • 生年月日:1980年3月23日
  • 出身地:東京
  • 職業映画ライター

森田真帆さんはプロフィールによりますと、1998年に大学一年生の時に中退後、渡米した際に映画監督のリー・タマホリ氏に弟子入りいたします。

そして、アシスタントして働いており、その後ハリウッドでインターンとして働き映画製作の現場に携わっていたとのことです。

ウィル・スミスエンターテイメントで電話番などをしていたとのことです。

この時の模様を森田真帆さんは書籍として出版をしております。

そして、20歳で帰国してシネマトゥデイにて「まほうのハリウッド日記」というコラムの連載を開始しコラムニストとして活躍いたしますが、疲労のため2014年に退職いたします。

そして、2015年より、大分県別府市にある映画館ブルーバードにて館長補佐をしております。

スポンサーリンク

森田真帆さんの弟子入りしたリー・タマホリ監督について

森田真帆さんの弟子入りしたリー・タマホリ監督は一体どのような作品を手掛けた監督でしょうか?

という事でリー・タマホリ監督について調べてみたいと思います。

リー・タマホリ監督はニュージーランド出身の映画監督でニュージーランドの先住民のポリネシア系マオリのお父さんとイギリス系の白人のお母さんの血を引いております。

元々はコマーシャルアーティストや写真家として仕事をしておりましたが、その後大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」の助監督などをしながら監督としての手法を学んでいきます。

その後監督デビュー作のワンス・ウォーリアーズがニュージーランドで「ジュラシックパーク」や「ピアノレッスン」などと並び大ヒットして映画監督として一躍有名となります。

その後ハリウッドに拠点を移しピアーズ・ブロスナンとハル・ベリーが主演した「007 ダイ・アナザー・デイ」や「トリプルX ネクスト・レベル」などヒット作を手掛けております。

森田真帆のバツ3の旦那や子供について

森田真帆さんは紹介されている通りバツ3になります。という事でここでは結婚した3人の旦那について調べてみたいと思います。

まず最初の結婚ですが渡米した2年後に結婚しております。お相手は通称「ろぴお」さんという近所に住んでいた方だそうです。

その「ろぴお」さんとはお子さんはできたもののその年のうちに離婚してしまいました。

続きました2人目の旦那になりますが、こちらは帰国してからになります。ラガーマンとのことですが、こちらの方とは5年後に離婚いたします。

結婚生活が16日で離婚を突き付けられた3人目の旦那

最後3人目の旦那さんですが、日系アメリカ人のカウンセラーの方になります。こちらの男性とはハワイで出会い2年半ハワイと日本で遠距離恋愛をしてその後結婚いたしましたが2週間で離婚いたします。

その理由ですが「やっぱり一人で行きたいから、結婚をキャンセルしてくれ」と言われたため離婚したとのことです。

2年半遠距離恋愛を続けて16日間で離婚したというのは結局遠距離の距離感のほうが上手くいっていたのでしょうかね?

子供は?

森田真帆さんは最初の結婚で男のお子さんを出産しております。

武六では12月20日に20年前の昨日のこととおっしゃっておりますので、12月19日が誕生日の20歳のお子さんがおられます。

お名前は和武壱と書いて「カムイ」と呼ぶようです。

現在の写真は無いのですが、七五三の時の画像が投稿されております。

森田真帆さんは現在は彼氏は?

森田真帆さんは現在はひろきくんという彼氏がいるようです。

2021年の投稿では誕生日に湯布院に旅行に行く模様が投稿されており、関係は良好なようです。

真木よう子さんとの関係

森田真帆さんは真木よう子さんと仲が良いようで、以前「今夜くらべてみました」でも共演しておりました。

映画が公開される時に真木よう子さんに取材をされているようですので、それを通じて仲良くなった様です。

最後に

という事で、今回はアウトデラックスに出演されます森田真帆さんの16日で離婚した旦那やその他の2人の旦那や経歴や子供などについて書かせていただきました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました