納言の安倍紀克はイケメン?高校や大学などの経歴と小嶋陽菜に告白の結果!有吉ゼミ

今回有吉ゼミでは納言の薄幸さんじゃないほうの安倍紀克さんが登場いたします。

とりわけ最近は薄幸さんの方がピンでテレビ番組に出演することが多いですが、これからは納言としてブレイクが期待されているコンビでもあります。

という事で、今回は納言の薄幸さんじゃないほうの安倍紀克さんについて、高校や大学などの経歴について書かせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

納言・安倍紀克さんのプロフィール

View this post on Instagram

本日!! 2019年5月17日(金) 『ネタパレ』 23:40〜24:10(フジテレビ) . 【MC】 #南原清隆 #陣内智則 #増田貴久(NEWS) . 【スペシャルゲスト】 #神田沙也加 . 【パネラーゲスト】 #バカリズム . 【出演芸人】 #かが屋 #くっきー(野性爆弾) #真空ジェシカ #デルマパンゲ #納言 #ヒガシ逢ウサカ #平子祐希(アルコ&ピース) #レインボー #わらふぢなるお (※五十音順、敬称略) . 今日のネタパレに出させてもらっています!! ネタパレがきっかけで大阪でライブをさせてもらえることになりヒガシ逢ウサカさんをライブにお誘いすることができました! チケット完売!!!ありがとうございます!! 本日もよろしくお願い致します!! . (写真は納言になる前の安部さん。超爽やか。)

A post shared by かが屋 加賀翔 (@kagaya_kaga) on

  • 名前:安部 紀克(あべ よしかつ)
  • 生年月日:1992年6月12日
  • 年齢:28歳
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:169cm
  • 血液型:A型

安倍紀克さんは2008年の「M-1グランプリ」で敗者復活戦から勝ち上がって準優勝したオードリーに憧れて芸人を目指すこととなります。

そして、現在も活動しております「とみやん」とともに「すとろんぐカラー~」というコンビを結成いたしました。

そして、それとは別に卒業した東京アナウンス学院の同期の3LDK・どんぐりたけし・わたなべるんるんらと共に「しゅけもく」というユニットライブを行うなど、主にライブ活動を中心に活動をしておりました。

しかし、2016年に解散いたしました。そして、メイプル超合金やユニバース、相席スタートなどといった男女コンビがブレイクしている事が近年多いという分析のもと「この流れにのれたら」と考え薄幸さんとコンビ「納言」を結成いたします。

薄幸さんはこの時「すとろんぐカラーが面白くない事で有名だったが、断ったらやべえことになりそうだからとりあえずやってみっか?」といった感じだったそうです。

納言の名前の由来は漢字の名前がいいと新宿界隈を歩いていた時に「納言」二文字が目に止まり「○○納言」とつけようと思ったが決まらなかったため「納言」となったとのことです。

そして、M-1グランプリに挑戦いたしますが、現在のところ2017年は2回戦、2018年と2019年は準決勝まで進出致しました。

スポンサーリンク

安倍紀克さんの高校や大学は?

安倍紀克さんの高校については情報がありませんでした。

その後は大学ではなく東京アナウンス学院に進学しております。

東京アナウンス学院とは?

東京アナウンス学院はその名の通りアナウンサーやナレーターの養成学校でしたが、放送声優科、演技科、芸能バラエティ科、ダンスパフォーマンス科などがあります。

1990年代は声優ブームなどがあり、放送声優科の入校者が増え、近年はお笑いブームという事もあり演技科の中にあったお笑いコースが学科として独立したとのことです。

有名どころですと、カラテカ、はなわ、原口あきまさ、ビビる大木、柳原加奈子さんなどがおられます。

彼女や薄幸との関係

男女コンビという事でやはり、お互いに恋愛感情はあるのか?といった事が気になってしまいますが、そういった事は無いようです。

前述したとおり、コンビ結成時も薄幸さんは「気持ち悪い奴だな」と思っていた様です。

ただ現在はTwitterなどで、2人で飲んでいる画像などをアップしておりますので、コンビ仲自体は悪くないようです。

かつ彼女はおらず安倍紀克さんは童貞で相方を性的な目で見たことはないと公言しております。

Twitter / ?

安倍紀克さんはイケメン?

安倍紀克さんはSNSでは実はイケメンと話題になっております。

特に眼鏡をはずしたらイケメンと言われております。

憧れのアイドル小嶋陽菜

今回憧れのアイドルに小嶋陽菜さんに13年越しの思いを込めて告白するとのことです。

こちらはわかり次第追記させていただきます。

※追記

楽屋で薄幸さんと入れかわるというドッキリが仕掛けられました。

10分以上一言もしゃべれないといった状態でした。

告白いたしましたが、無理だと思って諦めてくださいと振られました。

最後に

という事で、第7世代という事で、ひとくくりに注目されがちですが、最近は薄幸さんの露出が増えてからの有吉ゼミと、コンビでの出演も増え始めており、今後の活躍が期待されます。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました