名古屋シティマラソンとウィメンズマラソン2020中止で返金や払い戻しは?オンラインマラソンとは

ニュース

速報!2020名古屋シティマラソン・名古屋ウィメンズマラソンが中止となり、代わりにオンラインマラソンへの実施が決定いたしました。

2020年3月1日開催の東京マラソンと同様、新型コロナウィルスの影響を懸念したものとなります。

3月8日開催の名古屋マラソン中止に伴う変更措置の「オンラインマラソン」とはどのようなものなのか?

具体的な参加方法や詳細、決定に伴う参加料の返金、参加賞や完走賞の配布について最新情報を速報でご案内いたします。

オンラインマラソン発表に対する参加ランナーからの感想や意見もご紹介。

スポンサーリンク

名古屋シティマラソンはオンラインマラソンへ変更


2020名古屋シティマラソンについて、公式HPより新型コロナウィルスなどの影響を受け参加者が密集する通常の大会の形を断念し、代わりにオンラインマラソンへ内容を変更する発表がされました。

「名古屋シティマラソン」は「オンライン名古屋シティマラソン」という形となり、世界各国どこからでも参加できるマラソン大会イベントとなります。

具体的な参加方法や参加料の返金、参加賞の配布についてなど順に記載していきます。

名古屋ウィメンズマラソンはオンラインマラソンへ変更


「名古屋ウィメンズマラソン」についても同様に「オンラインウィメンズマラソン」と呼ばれる、世界各国どこからでも参加できるマラソン大会となります。

なお、「エリートの部」のみ予定通り開催。

毎年人気の参加賞や気になる完走賞についても詳しくご説明いたします。

参加料の返金について

名古屋シティマラソン・名古屋ウィメンズマラソンは参加料の返金は行わず、場所の関係なく世界のどこからでも参加できるオンラインマラソンの開催へと変更しました。

よって、参加予定者は密集した場所ではないところで各自参加する形となります。

もともと、もし中止となった場合、参加料の返金は行われないという可能性がありましたので、ただ中止となるよりは参加できる環境があることは良かったとの声があります。

オンラインマラソンの参加方法について


オンラインマラソンは参加者が専用アプリを使って実際の距離を走るマラソンイベントとなります。

オンライン環境がある世界のどこからでも参加できるので、密集して感染するリスクを考慮したものと考えられるでしょう。

なお「詳しい開催期間やルール、登録方法などは3月2日までに追って発表」とされていることから、実際に開催される予定だった日時とは違う環境にて参加できる可能性があります。

日本のみならず世界中から参加する方の多いこの大会ですので、オンラインマラソンに関しては日本時間に関わらず参加できる考慮が必要なのかもしれません。

なお、オンラインマラソンはもともと名古屋マラソンに参加予定だった方のみが参加できるイベントとなります。

オンライン名古屋シティマラソンの参加賞について


名古屋シティマラソンに参加予定だった方へは参加賞が送られます。

また、チャリティーエントリーはチャリティーTシャツが送られ、「オンライン名古屋シティマラソン」に参加し完走するとオンライン版完走証が送られます。

オンラインウィメンズマラソンの参加賞・完走賞について


名古屋ウィメンズマラソンに参加予定だった方へも同じく参加賞が送られます。

また、チャリティーエントリーはチャリティーTシャツが送られます。

併せて「オンライン名古屋シティマラソン」に参加し42.195kmを完走すると「オンライン版完走証と大会オリジナルペンダント、完走賞」が送られるとのこと。

毎年人気のティファニーのオリジナルペンダントやメナードからの化粧品が贈呈されるようですので、喜び一安心されている方も多いでしょう。

オンラインマラソンについてのランナーの感想

発表に伴いランナーの方からは続々と声が届いております。


この日に向けて練習してきたランナーの皆さんですから、気持ちは様々あるでしょうけれどやはり残念だという声が多いように思います。

感染予防のことを考えると仕方がない、理解はしている、けれども・・というところですよね。

その他にも、オンラインマラソンがあるだけでもよかった、中止は中止、返金のないことが残念、オンラインマラソンなら走らない、マラソン大会自体を中止にした方がいい、など。

オンラインマラソンに参加されるランナーの方には少しでも楽しんでもらいたいと思います。

詳しくは追って発表されますが、世界中の参加ランナーの方が楽しめるイベントとなるべく最終調整してもらえるよう注目して待ちたいと思います。

最後に

名古屋マラソンの一般ランナーの参加の可否については、東京マラソン同様中止となるのではと声が出ていました。

本日オンラインマラソンへと変更が発表され、マラソン大会の大勢で走るあの雰囲気とは違う開催となりましたが、この日の為に練習してきた成果が発揮できる場所が用意されたことは今までにない試みでしょう。

詳しくは追って発表されるようですが、ウィルス感染のニュースが多い中、世界中の参加者が見込まれるこの大会が他にはない楽しい時間を過ごせるようなイベントとなってほしいです。

また、大会当日は「エリートの部」は変わらず開催されますので、ランナーやボランティアの方、関係者など多くの方が集まるこのイベントが無事に開催されればと思います。

今後も参加されるランナーの方や実行局の方を応援したいと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました