夏用マスクの簡単な作り方や涼しい生地・素材のおすすめ

新型コロナウィルスの対策としてマスクをすることが日常的になってきましたが、最近は気温が上がりマスク着用が辛くなってきました。

マスクをすることによる暑さや蒸れなどの不快感、息苦しさ、そして「マスク熱中症」の心配。

そんな悩みを解決できるようなご自宅で簡単につくれる夏用マスクの作り方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

夏のマスク仕様については厚生労働省はどうすべきと言っているか?

厚生労働省は新型コロナウイルス拡大を防ぐため、引き続きマスクの着用の要請をしております。

ただし、高温多湿な状況下でマスクを着用した場合は、熱中症になるリスクがあるため、野外で十分な距離が保てる場合はマスクを一時的に外して行動するようにすることを推奨しております。

夏向けマスクは手作りがおすすめ

市販品では解決できないマスク問題もお好みの素材や生地、形をハンドメイドすれば解決できるかもしれません。

「暑くて苦しい」「頭部に熱がこもる」「鼻周りに汗をかく」など、夏マスクで困っている方におすすめ。

普段、手芸をしない人でもチャレンジしてみようと思えるマスクがあります。

夏用マスクは通常のマスクに比べ立体感があったり、通気性のよい素材、ひんやりした素材で出来ています。

手縫いでもミシンでもOKで、更に夏の暑さや蒸れや息苦しさ、熱中症対策を考慮した手作りマスク。

まずおすすめの生地はこちらになります。

夏向けマスクにおすすめの生地は?

夏向けマスクにはこのような機能が期待できる生地がおすすめです。

  • 通気性がよい、蒸れにくい
  • 冷感加工、接触冷感
  • さらっとしている
  • 速乾性がある
  • 放湿性がある
  • 洗いやすい
  • UV加工

具体的には以下のような生地がよいでしょう。

  • アイスコットン
  • ガーゼ、ダブルガーゼ
  • 麻(リネン)
  • クールタウン
  • 綿(コットン)
  • ポリエステル

夏用マスク生地の選び方

マスクは外側と内側(肌へ接触する側)で違う生地を使うとより良いマスクとなるでしょう。

内側は接触した部分が涼しく感じられるようにアイスコットンやクールタオル生地などひんやりする生地、表側はコットンリネンや手ぬぐいなど通気性のある素材だと快適さがアップしそうです。

また、生地は手芸店で購入してもよいですが、自宅にある使い古した服や肌着をカットして使うのもおすすめです。

ご自宅に古くなったエアリズムはありませんか?

ユニクロが販売している「エアリズム」は接触冷感生地で、抗菌防臭機能が特徴の素材。

触り心地もサラっとしているので長時間のマスク使用も心地よく乗り越えられそうです。

マスクを作るにはそんなに大きな布サイズは必要ありませんので、古くなった手ぬぐいやTシャツなどまずは家にある布で作ってみるのもよいですね。

夏用マスクの作り方

それではマスクの作り方をご紹介いたします。

丁寧でわかりやすく説明されている動画を集めましたので手芸が不慣れな方にもおすすめです。

ミシンで作られていますが手縫いでも可能。

手芸クリップは洗濯ばさみで代用できます。

夏にぴったりなマスクの作り方①

こちらは立体形状で熱がこもりにくいマスク。

しかもノーズワイヤー付きで快適に使えますし、ノーズワイヤー部分は取り外し可能のためワイヤーが弱くなってきても簡単に取り換えが出来ます。

更にフィルターポケットまでついています。

Summer Mask 夏マスク 立体マスクの作り方 息しやすい 涼しい ノーズワイヤー&フィルターポケット Face Mask Sewing Tutorial

夏にぴったりなマスクの作り方②

こちらは使い古したエアリズム肌着を再利用して作るマスク動画です。

紐部分も同じ生地から作り出しているので、その他に必要なのは糸、そして針やハサミなど縫うための道具のみです。

【夏用マスク】エアリズムをリメイク立体マスクの作り方_マスクゴムも作れます。AIRism mask 涼しい_型紙無料ダウンロード_お好きな型でも

夏にぴったりなマスクの作り方③

他にはない超立体のマスクです。

大臣がしていたことから「大臣マスク」なんて言われています。

立体感がある方が熱はこもりにくく、肌への密着も和らぎそうです。

とっても簡単!大臣風立体マスクの作り方★夏用手ぬぐいマスク

最後に

今回は夏に向いているマスクの作り方についてご紹介いたしました。

素材や形、機能性など、ぜひ工夫してご自分にあった好みのマスクを製作してみてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました