小野寺ずるのwiki経歴!本名や年齢と事務所など|アウトデラックス

テレビ

小野寺ずるさんは独特の世界観を持ち生きる表現者です。

2月13日のフジテレビ系列「アウトデラックス」では、品位を持ちながら下ネタ系の話をしようと自問自答していることについて、マツコ・デラックスさんからするどいつっこみを受けます。

そんな小野寺ずるさんが描く漫画は衝撃の内容。

舞台人・詩人・漫画家・そして女優としても活躍が注目される小野寺ずるさんの経歴を、wiki風に詳しくご紹介いたします。

過去の発言や活動内容、出身地、卒業した学校情報など生い立ちも要チェックです。

スポンサーリンク

小野寺ずるさんは舞台人で糞詩人の漫画家

View this post on Instagram

今年一年。関わってくださった皆様、本当にありがとうございました💫 個人表現研究所のZURULABOを立ち上げたり(と言っても一人で名乗ってるだけではありますが)、詩集を発売できたり、色んなお仕事ができたこと、地味〜に自分の創作を続けれたこと、周りの方々のお力添えあってのことでした。 日常では自分でも感情を抑えられなくなるくらいびっくりするショックなことや、逆にこんなに優しい気持ちになれることあるのかな、と思うくらい嬉しいこともあったり、しました。まだまだわからない気持ちだらけだな、と、しみじみ、しみじみ、思いました。 大晦日、津波被っても割れなかった奇跡のチビグラスで家族でお酒を。 兎にも角にも! 過去の凹んだことや悲しかったことが繋がった、「なんだろうこの気持ち」と思える幸せが沢山あった一年でした。 健康で、心が通じ合ってると思える人がいるということ。ありがたや。 来年も何卒……🌌 zurulabo.oops.jp (1枚目撮影:スギノユキコさん) #小野寺ずる #ZURULABO #年末 #2019 #グラス #気仙沼 #大晦日

A post shared by 小野寺ずる (@zuru_onodera) on

小野寺ずるさんはご自身のことを「舞台人・糞詩人・ド腐れ漫画家」と表しています。

最近は女優としてテレビで見る機会が増えましたが、基本は舞台人であり詩人という軸を持っているようです。

そんな小野寺ずるさんは不思議な雰囲気が魅力の女性です。

小野寺ずるさんの詳しいプロフィールをご覧ください。

  • 名前:小野寺ずる(おのでらずる)
  • 生年月日:1989年5月17日(30歳)
  • 身長:158㎝
  • 所属: BLUE LABEL(ブルーレーベル)

小野寺ずるさんの「小野寺」は本名と言われていますが、「ずる」というのは母親のお友達「ちずる」さんの「ずるちゃん」というニックネームに惹かれそこから付けた芸名です。

漢字では狡い(ずるい)の「狡」と表し、セクシーなところが好きだそうです。

また、所属するBLUE LABELは株式会社メディアミックス・ジャパンが俳優、アーティスト、クリエイターのマネジメントを行うために立ち上げたプロダクションレーベルです。

例えば現在放送中のドラマ「ケイジとケンジ所轄と地検の24時」や過去にはNHK「ひよっこ」、フジテレビ「TWO WEEKS」に出演の磯村勇斗さんらが所属するプロダクションになります。

小野寺ずるさんはそこで2019年3月に個人研究所「ZURULABO」を開所。

漫画やポエム、演劇など自身が作成したものを公表する場としており、2019年4月には処女詩集として「すてばちる」を発売しています。

小野寺ずるさんの経歴

小野寺ずるさんは2011年から数多くの舞台に出演する実力派の役者です。

東京を拠点に活動する劇団「□字ック(ロジック)」では、2014年に小野寺ずるさん主演による作品「荒川、神キラーチューン」で、「CoRich舞台芸術まつり!」グランプリ、「サンモールスタジオ」最優秀団体賞を受賞しています。

その後2018年に5年間在籍した□字ックを退団しています。

スポンサーリンク

小野寺ずるさんの女優としての出演作品

舞台をメインに活動してきた小野寺ずるさんですが、2017年からはドラマへも出演するようになりました。

「西郷どん」や「時効警察はじめました」ではゲスト出演、2019年カンテレ・フジテレビ系「まだ結婚できない男」ではレギュラーとして演じています。

ドラマ以外でテレビへの出演はまだ少なく、バラエティ番組「アウトデラックス」に出演する前にはこのようなツイートをされています。

小野寺ずるさんの生い立ち

小野寺ずるさんは宮城県気仙沼市で育ちました。

2011年3月11日には東日本大震災が発生し、ご家族は無事ながらも家は津波にのまれてしまったといいます。

当時、小野寺ずるさんは神奈川県で大学生活を送っていました。

「今、帰ってきても(物理的に)居場所がない」と父親が言った言葉を鵜呑みにし、すぐに帰らなかったことが今も心残りのようです。

小野寺ずるさんはのちに「震災を乗り越えた家族に認めてもらえるような役者になりたい」と話しています。

小野寺ずるさんの高校や大学は?

小野寺ずるさんは高校生の時にはすでにデッサンをしていました。

どのような高校に通っていたかは公表されていませんが気仙沼市には美術関係の高校は見当たらないので、趣味もしくは学校で美術部に所属して絵を描くことを楽しんでいたのでしょう。

大学は、神奈川県にある女子美術大学へ進み、そこで本格的に表現に対する感覚をつけていかれます。

そんな小野寺ずるさんが描く漫画は独特な世界観があります。

最後に

小野寺ずるさんは今まさに注目の役者さんです。

詩やエッセイ、イラストからは独特な感性が放たれています。

そんな小野寺ずるさんの演技にはどこか惹き込まれるものがありますね。

今後の活躍がさらに期待できる小野寺ずるさんです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました