リゼロ新編集版|Re:ゼロから始まる異世界生活4話・5話の感想とあらすじや違い「ロズワールのすっぴん!」

Re:ゼロから始める異世界生活

この記事ではリゼロこと『Re:ゼロから始まる異世界生活-新編集版』の第4話と第5話のあらすじと感想についてと、新編集版と旧版の違いや新規カットについて書かせていただいております。

2期の内容については触れませんが比較を行っているため、ネタバレは含まれておりますので、『Re:ゼロから始まる異世界生活-新編集版』の第4話と第5話未視聴の方は下記UNEXTなどで、ご視聴ください。

豊富なアニメ動画配信数がお薦めU-NEXT31日間無料体験はこちら

各話のまとめについてはこちらに書かせていただいております。

Database Error
スポンサーリンク

リゼロ「Re:ゼロから始まる異世界生活新編集版」4話と5話あらすじ

ここではリゼロこと「Re:ゼロから始まる異世界生活新編集版」4話と5話のあらすじをまとめております。

リゼロ新編集版 第4話「ロズワール邸の団欒」あらすじ

エルザとの戦いで深い傷を負ったスバルは、どうにか一命をとりとめ、ルグニカ王国のメイザース辺境伯であるロズワールの屋敷へとやってきていた。そこでスバルはルグニカ王国には現在、王が不在であること、そしてエミリアが次の王になる資格を持った王候補の一人であることを知る。ロズワールは次の王を選ぶ王選に参加するための資格である徽章を取り返し、身を挺してエミリアを救ったスバルに対して望むままの褒美を出そうと申し出る。

出典:TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイトより

見返りとしてスバルは屋敷で雇ってもらいたいと宣言し、スバルの執事としての生活が始まる。

屋敷での仕事は多く、使用人の仕事は多い。更にその仕事をラムとレムだけでこなしていただけに、スバルも仕事を覚えるのに必死になり日々は過ぎていった。

ある日買い出しのため村へ行ったことをきっかけに、スバルはエミリアをデートに誘うことにした。

エミリアは村に行く事に気が引けたようだが、スバルの交渉によってスバルためならとデートの約束する。

エミリアとのデートを翌日に控えスバルはなかなか寝付けずにいたのだが、知らぬ間に微睡み、勢い良く起きるとロズワール邸の最初の朝に『死に戻り』していたのだった。

リゼロ新編集版 第5話「約束した朝は遠く」あらすじ

ロズワールの屋敷に住み込みで働くことになったスバルは、レムやラムと共に日々仕事をこなし、ついにはエミリアとのデートの約束を取り付ける。

しかし約束の日が訪れることはなく、スバルは屋敷にやってきた初日に戻ってきてしまう。

命を奪われるようなことなど何も起きていないのにも関わらず、いつの間にか死に戻ってしまったことに混乱するスバルだったが、エミリアとのデートの約束を果たすため、前回をなぞるように再び行動を始める。

出典:TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイトより

前回のループを再現しようと率先してスバルは動いたが、何故かレムの様子が違い執事服の仕立てはなく、ロズワールと一緒に風呂に入るなどと前回とは異なる事柄が起こってしまう。

新たに起こった事柄に戸惑いながらもスバルは屋敷での生活を送り、前回と違ったレムの剣呑な態度も、買い出しの時に2人で話した際、彼女が笑顔を見せてくれるまでにはなったとスバルは思っていた。

あくる日、無事にスバルはエミリアとデートの約束を取り付け、前日は前回の死に戻りの原因を探るため眠らず起き続けていた。

しかし次第にスバルの体調が悪化し、危険な状況に陥ってしまう。

助けを求めるため、嘔吐を繰り返しながら廊下に出て屋敷の中をスバルは進むが、ふいに何かを引きずる音が聞こえ、彼は吹き飛ばされていた。

下たる血で、ちぎれ飛んでしまった腕を確認したスバルは痛みに声を上げる。

転げまわるスバルに影は近づき、スバルは次の瞬間叩きつぶされ、目玉が床を転がるのだった。

感想「ロズワールのすっぴんが貴重!新規カットの比較や違いやみどころ紹介」

第4話・第5話の違いや新規カットは?

前回に続けて、第4話と第5話が連続して放送されましたが、2016年に放送されたアニメと比べてみたところ、第5話のCパートのラストシーンが追加されていました。

具体的に各話ごとに違いを比べてみると以下のようになっています。

第4話の2016年版アニメと新編集版の違い
2016年版 新編集版
アバン 同じ 同じ
OP 有り 有り
本編 新規カットなし
ED ベアトリスとの会話中にクレジット

終了後「ロズワール邸の団欒」というロゴ

なし

 

第5話の2016年版アニメと新編集版の違い
2016年版 新編集版
アバン なし なし
OP なし

冒頭でクレジット入る

ベアトリスの会話前にタイトルロゴ

なし
本編 新規カットなし
ED 同じ
Cパート 眼玉が床に転がるシーン追加

違いとしては、他にも間延びのような箇所がいくつかみられました。

  • 村の風車が映りスバルが「デートの下見ができるのは…」というシーンが間延び
  • スバルがエミリアをデートに誘う会話でエミリアが「うーんと村か…」というシーンで間延び
  • Cパートにてロズワール邸の止め絵で間延び
  • Cパート暗転時間延び

これまでの物語では2016年版も新編集版も変化はほとんどない状態でしたが、第4話・第5話ではわかりやすいもので第5話でCパートに目玉が床に転がるシーンが追加されています。

当時の録画を元に比較を行っているのでDVD・BDで修正されていたのかもしれませんが、同じく第5話でラムとレムの代わりにエミリアがスバルに勉強を教えるシーンでもスバルが手にした本の背表紙のミスが訂正されていました。

第4話・第5話共にラストに近づくと暗転や止め絵のシーンなどで間延びなどの違いが多々みられました。

スバルの死に戻り回数は計5回

第4話・第5話の物語に至るまでにスバルは合計で5回の死に戻りを行っています。

第4話でロズワール亭で眠ってしまった後に1回、第5話で問題の夜に死に戻りの正体を確かめるために起きていたスバルは体調不良に襲われ、助けを求めて廊下に出たところで何者かに襲われて潰されてしまい1回で、第1話から数えると計5回です。(正確には第5話ではまだ戻っていません)

第4話・第5話の名シーン・ロズワールやレムなど

両手を掲げてビクトリー!

第4話よりロズワール邸での1日目の朝にエミリアと共にラジオ体操をし、最後にスバルが「両手を掲げてビクトリー!」と叫び、それにエミリア、パックが続いて「ビクトリー!」と叫ぶシーンです。

こちらも何かと使われている名シーンですね。

ロズワールの素顔

第5話よりスバルが風呂に入っているところへロズワールが「やぁご一緒していいかな」と登場するシーンです。

人前では必ず化粧を纏っているロズワールなのですっぴんが見られれるのは、アニメではロズワール自身が不在ということもありますが、第2期まで機会がありません。

原作小説でもロズワールのすっぴんが見られるのは第13巻というくらいに珍しい出来事でした。

レムが見せた初めての笑顔

第5話より買い出しの帰りにレムから「鬼がかる」というスバルの言葉にレムが「鬼好きなんですか?」と質問し、スバルが「だって神様って基本的になーんもしてくれないけど、鬼って未来の展望を話すと笑ってくれるらしいぜ。

特に来年の話とか爆笑してくれるっていうからな」という答えに、レムが笑顔を見せるというシーンです。

初登場から間もなく無機質なレムとラムは1周回って新鮮ですし、スバルとの好感度がマイナス状態になっている第5話でもレムの魅力があのシーンだけで溢れていました。

さすが人気キャラクターですね。

第4話・第5話の感想は以上です。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました