澁澤侑哉(しぶさわゆうや)と渋沢栄一の関係や父親や母親とエビアンクーとは破局|踊るさんま御殿

テレビ

今回の踊るさんま御殿では、2024年から新一万円札の肖像になる渋澤栄一の孫の澁澤侑哉(しぶさわゆうや)さんが出演いたします。

祖父から1000万円もらったエピソードを話されるようです。

澁澤侑哉(しぶさわゆうや)さんといえばテラスハウスに出演したことで知られることとなり、エビアンさんと交際されたことでしられることになりました。

という事で、今回は渋沢栄一の孫である澁澤侑哉(しぶさわゆうや)さんについて書かせていただきます。

スポンサーリンク

澁澤侑哉(しぶさわゆうや)さんと渋沢栄一の関係は?

  • 親:渋沢栄一
  • 子:渋沢篤二
  • 孫:渋沢敬三
  • 曾孫:渋沢雅英
  • 玄孫:母親
  • 来孫:澁澤侑哉

と渋沢栄一の5代目の子孫になります。しかも直系の子孫です。

父親と母親は

お母さんは外資系企業に勤務している日本人で、父親が元海軍のアメリカ人とのことです。

さらに遠縁には小説家であり、フランス文学者、評論家の澁澤龍彦さんがいます。

ハーフという事で高身長を活かしてファッションモデルとして活躍しております。

澁澤侑哉(しぶさわゆうや)さん経歴

  • モデル名:Nasri(ナスリ)
  • 生年月日:1998年1月20日
  • 年齢:19歳
  • 身長:183cm
  • 所属事務所:Bark in style(バークインスタイル)

澁澤侑哉(しぶさわゆうや)さんはUNIQLOなどのモデルも務めたことのある現役モデルです。

テラスハウスや最強スポーツ男子 頂上決戦に出場したことがあります。

澁澤侑哉(しぶさわゆうや)さんとエビアンクーは別れた?

澁澤侑哉(しぶさわゆうや)さんといえばテラスハウスのハワイ編でエビアンクーさんとカップルになりましたが、その後はどうなったのでしょうか?

調べてみますと、2017年のクリスマスの投稿を最後に投稿が途絶えて、ツーショットが削除されているとのことで、どうやら破局したというのが濃厚の様です。
※追記

番組で今は彼女が居ないと言っておりますので、別れたのが濃厚ですね。

さんま御殿内容

進学したいと言ったら、おじいちゃんが孫を並べて、一人1000万円づつ配ったとのこと。また、お年玉は一人10万円もらっていたとのことです。

海外旅行は一か月単位で行って、三か月予定だったのが、気に入らなかったので、1か月で帰ってきたとのことです。

始めは渋沢栄一の子孫であることを隠していた

澁澤侑哉(しぶさわゆうや)さんは渋沢栄一の子孫であることを隠しておりました。コネで仕事していると思われるのも嫌だったのでしょう。

チャラく見えそうですが、Twitterで渋谷ハロウィン騒動に苦言を呈するなど、しっかりとした考えを持っております。

渋沢栄一とは?

新一万円札になるという事で、話題になっております渋沢栄一ですが、そもそもどんな人物だったかいまいちピンと来ない方も思われると思います。

という事でまずに渋沢栄一さんの経歴について書かせていただきます。

  • 出身地:武蔵野国血洗島(現、埼玉県深谷市血洗島)
  • 生年月日:1840年3月16日
  • 死亡年月日:1931年11月11日(満91歳没)

渋沢栄一さんがどういった人物かと言いますと、日本で初めて株式会社を作った人間です。

また一言では説明できないほど様々なことをやっております。

渋沢栄一は元々豪農の長男として生まれました。

元々は江戸で尊王攘夷派の志士たちと知り合い、倒幕運動を企てたりしました。

しかし、一橋慶喜に使えることになります。

その後、一橋慶喜が徳川慶喜として十五代将軍となると、渋沢栄一は幕臣になります。

そして、パリ万博の使節団としてフランスに渡ります。

帰国後は銀行と商社を兼ねたような組織の商法会所を作りました。

これが日本で初めての株式会社と言われております。

その実績が大隈重信の目にとまり、明治政府に出仕し財政や貨幣制度の導入などに尽力します。

しかし、群の予算削減が認められなかったことにより、官僚を辞め、実業家へと転身いたします。

その後

  • 第一国立銀行(みずほ銀行)
  • 抄紙会社(王子製紙)
  • 大阪紡績(東洋紡績)
  • 東京瓦斯(東京ガス)
  • 東京海上保険会社(東京海上日動)

など500もの会社の設立に関わりました。

また、株式会社のみならず、東京株式取引所などの設立にも関わりました。

という事で、渋沢栄一は現在の日本経済の基礎を作ったと言っても過言ではありません。

という事で、渋沢栄一は「日本資本主義の父」と呼ばれているのですね。

最後に

という事で今回は澁澤侑哉(しぶさわゆうや)さんの経歴や渋沢栄一との関係について書かせていただきました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました