上田剛史のwikiプロフィールや高校や経歴と引退後の職業|アウトデラックス

3月4日ののアウトデラックスでは衝撃のアウトパフォーマンスで戦力外になったプロ野球選手として、上田剛史が登場いたしました。
今回現役時代のプレーを検証すると同時にアウトな面も公開されるという事です。
という事で今回は上田剛史氏経歴やアウトな部分について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

上田剛史のプロフィールや経歴

まず上田剛史氏のプロフィールや経歴について書かせていただきます。

上田剛史のプロフィール
  • 名前:上田剛史
  • 本名:周剛史(チュ・ガンサ)
  • 国籍:韓国
  • 出身地:岡山県岡山市
  • 生年月日:1988年10月2日
  • 年齢:32歳(2021年3月現在)

上田剛史さんは小学校1年生の頃から野球を始めました。
小学校の頃は6年生の時に全国大会のベスト4まで進む結果を残しました。
公式には中学で転向し、ヤングカープ岡山で投手兼サードとして活躍いたしました。

上田剛史さんの高校は?

上田剛史さんの高校は関西高等学校になります。
野球選手を多く輩出しているという事で、スポーツに特化した高校かと思われますが、普通科特別進学や総合進学は私立大学の指定校推薦が多く私立大学の進学を考えているなら有利な高校の様です。
上田剛史さんは関西高校では1年生からセンターで活躍を致しました。
甲子園には二年生の時と三年生の時に春夏4回出場いたしました。

そして、2006年にヤクルトから3位で指名され、契約金4500万円(推定)、年俸500万円(推定)でヤクルトに入団いたしました。
その際にセンターからショートへ転向しております。

プロ入リ後

プロ入り後は2011年に一軍登録されます。
その後も活躍をみせ、2017年と2018年頃は主に代走や守備固めとして100試合前後出場しておりました。
2019年になるとFAを獲得いたしますが、そのままヤクルトに残留いたしました。
そして、2020年にも活躍をみせておりましたが、9月16日のDeNA戦においては9回ツーアウトの際にフェンスを駆け上がりキャッチするスーパープレイを見せましたが、その際に左足首を負傷し、また、バッティングでは打率が1.25と低かったため、戦力外通告を受ける事となります。
その後、自由契約が開示された12月2日に現役引退を致しました。
今回は戦力外通告を受けたことについて語られるようですが、この時の事が語られると思います。

上田剛史さんのアウトな面とは?

今回のアウトデラックスではプレー以外のアウトな面も紹介されるとの事です。

上田剛史さんで一番有名な事件は2015年のリーグ優勝前に合コンを山田哲人さんらと参加しておりましたが、その模様が掲載された10月16日のFRIDAYで、上田剛史さんは目線が入り「知人男性」として気紹介された事件が有名ですね。
これは上田剛史さんの持ちネタとなっており、クライマックスシリーズを勝利した際のビールかけでタスキに「知人男性」と書いたものを掛けて笑いを取っておりました。

また新型コロナで無観客で行われておりました2020年にベンチに向けたカメラに向けたファンサービスが上田新喜劇と呼ばれるなど話題となりました。

現在

引退後の上田剛史さんはYouTuberのクーニンのチーム「クーニンズ」のメンバーとして、「第10回東日本大震災復興支援チャリティーマッチ」に参加したり、YouTubeチャンネルを開設したりしております。

また、指導者としての道も模索しており、アマチュア野球の指導者の活動をするために学生野球資格の回復や指導者としてヤクルトに戻ることを目標として掲げております。

アウトデラックスの内容

  • 遅刻をした時の反省文をご祝儀袋に入れて提出した
  • 携帯代を月10万円払っていた
  • スキーリフトにフランクフルトを買って乗ろうとした。
  • FRIDAYに知人男性として目を隠されて紹介された
  • 東海テレビでリポーターやモデルとして活動していた女性と結婚していた

最後に

という事で、今回はアウトデラックスに出演いたしました。上田剛史さんの高校や経歴と、アウトな面について調べてみました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました