笑ってコラえて|ナウシカの飛行具メ―ヴェと八谷和彦と四戸哲の経歴と展示場所の住所

笑ってコラえてで紹介されるメ―ヴェの制作者として今回八谷和彦さんが紹介されます。

という事で、今回は八谷和彦さんの高校や大学などの経歴や制作した風の谷のナウシカのメ―ヴェについて、また他の作品についても調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

八谷和彦さんのプロフィール

  • 名前:八谷和彦
  • 生年月日:1966年4月18日
  • 年齢:54歳
  • 出身地:佐賀県
  • 職業:東京芸術大学美術学部准教授、メディアアーティスト

八谷和彦さんの高校や大学

八谷和彦さんの出身高校は佐賀県立佐賀北高等学校になります。

佐賀県立佐賀北高等学校は佐賀県にある進学校ですが、スポーツも盛んで、県立高校ながら剣道では1965年に全国制覇、全国高等学校サッカー選手権に5度出場、甲子園に82回大会で初出場するなどしております。

大学は九州芸術工科大学(現在は九州大学の芸術工学部として統合)画像設計学科を卒業しております。

スポンサーリンク

大学卒業後の経歴

八谷和彦さんは大学卒業後に個人TV放送局ユニット 「SMTV」、コンサルティング会社勤務後ポストペットで知られる「ペットワークス」を設立いたします。

ポストペットとはソニーから販売されたメールソフトになります。それまではメーラーと言えばただメールの送受信だけだったものに、ソフトの内蔵されたペットのキャラクターがメール配信したり、コミュニケーションや育成といった遊びの要素を加え大ヒットいたしました。

ポストペット自体は現在は販売されておりませんが、現在はPostPet Goという位置情報アプリやPostPetVRというVRソフトを開発中となっております。

なつのロケット団

そして、2005年には「なつのロケット団」という宇宙機エンジニア、科学ジャーナリスト、作家などが集まり、日本国内で民間のロケット開発を目指すための組織を結成いたします。

そして、SNS株式会社の参加によりロケットエンジンを開発しておりましたが、2013年にホリエモンロケットで知られるインターステラテクノロジズ株式会社を設立して民間ロケットの打ち上げを目指しております。

風の谷のナウシカの飛行具メ―ヴェとは?

今回紹介されるメ―ヴェとは風の谷のナウシカで主人公が乗る軽飛行機です。

設定としては、古代の工業大国エフタルの技術により、作られたもので風使いの乗り物とされております。

飛行方法は上昇や高速飛行の際はエンジンを使いますが基本的は滑空飛行になるため、いわゆるモーターパラグライダーと言ってよいのではないでしょうか?

このナウシカの飛行具メ―ヴェを実際に作ってみようというプロジェクトはオープンスカイプロジェクトと名付けられました。

八谷和彦さんは漫画版の風の谷のナウシカに感動し、特にその中に登場するメ―ヴェに惹かれたそうです。

そして、1999年に埼玉県秩父市の「竜勢」という祭りを見に行った帰りにふとモスバーガーのレシートに実際にメ―ヴェを作るための計算式を書いてみたそうです。

そして、

その結果として得た結論は、「パイロット50キログラム」「機体重量30キログラム」「離陸速度は時速36キロメートル」だとしたら「全幅8メートルぐらいの機体で、重さを30キログラムに抑えられればメーヴェは作れる!」というものだったとか。

かくして、10年におよぶ「オープンスカイ・プロジェクト」がスタート。

となりました。

部品点数は1万個以上で、制作そのものは2年の歳月がかかったそうです。

ちなみに事故などが起きた際にスタジオジブリに迷惑を掛けたくないとのことで、メ―ヴェという名称は使っておらず、あくまでも非公式のプロジェクトで八谷和彦さん本人以外は載せるつもりが無いとのことです。

という事で、正式名称はM-02Jとなります。

メ―ヴェことM-02Jのスペック

  • 機体名称:M-02J
  • 重量:88.6キロ
  • 材質:木材、強化プラスチック、アルミ合金
  • 推進装置:ジェットエンジン
  • 製作費:1億円弱

開発期間は当初5年ぐらいを予定しておりましたが、結局は10年以上かかったとのことです。

制作会社オリンポスと四戸哲さんについて

実際に制作をしたのは飛行機開発メーカーの有限会社オリンポスの四戸哲さんになります。

1961年生まれの四戸哲さんは日本大学理工学部航空宇宙工学科卒業後は就職せずに有限会社オリンポスを設立して企業いたして、日本唯一の飛行機開発メーカーとして活動しております。

ちなみに原作者の宮崎駿監督はメ―ヴェは飛ばないと断言されていたそうですが、四谷哲さんは理にかなった乗り物だと思っていたそうです。

メ―ヴェはどこで見れる?

メ―ヴェことM-02Jは現在「金沢21世紀美術館」で展示されているとのことです。

住所 〒920-8509石川県金沢市広坂1-2-1
営業時間 展覧会ゾーン:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
交流ゾーン:9:00~22:00
*各施設の開室時間はそれぞれ異なる。
6月27日(土)から当面の間 9:00〜19:00(金・土曜日は21:00まで)
電話番号 076-220-2800

最後に

という事で、今回は風の谷のナウシカの飛行具「メ―ヴェ」ことM02Jと八谷和彦さんと四谷哲さんについてご紹介させていただきました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました