山口達也のバイク事故現場の練馬区桜台の交差点の場所や画像と飲酒運転の罰則は?開進三小前について

元TOKIOの山口達也さんが酒気帯び運転で現行犯逮捕されました。山口達也さんは2年前に未成年に対しての強制わいせつ容疑により書類送検され、ジャニーズ事務所を退所しておりました。

その後、山口達也さんはアルコール依存症の治療で入院していたことなどが本人の口から明かされておりましたが、結局の所治療の効果は無かったのでしょうか?

強制わいせつに関しましては不起訴となっており、長瀬智也さんのジャニーズ事務所退所や城島茂さん、松岡昌弘さん、国分太一さんの三人は退所せず社内起業という形で株式会社TOKIOを立ち上げました。

これは山口達也さんが将来的に復帰するための受け皿とも言われておりました。
これで芸能界復帰は絶望とも言われております。

今回は容疑者となってしまった山口達也容疑者の(酒気帯び運転)飲酒運転の事故を起こした練馬区桜台の交差点の場所や地図を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

山口達也さんのバイクの追突事故の概要

https://twitter.com/i/events/1308279787748646913

山口達也容疑者は大型バイクを運転していたところ9月22日の午前9時半に信号待ちをしていた乗用車に追突したとのことです。

駆けつけた警察官が検査した所、呼気1リットルあたりの0.7ミリグラムのアルコールが検出されたとのことです。

酒気帯び運転の0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満を大幅にオーバーしておりますので、酒気帯び運転の中でもかなり悪質になります。さらに逮捕された時間も話題となっております。

午前9時半に呼気1リットルあたりに0.7ミリグラムのアルコールですので、相当な量のお酒が残っていることになります。

アルコール濃度を計算式に当てはめますとビールを1600cc~1700ccぐらい飲んだ量のアルコールがまだ体の中に残っていたという事です。

山口達也容疑者の事故現場練馬区桜台の交差点の場所や地図

山口達也容疑者のバイクでの交通事故の現場は東京都練馬区桜台と言われておりますが、どこになるのかTwitterなどを調べてみたところ下記のツイートを見つける事が出来ました。

という事で、練馬区桜台の開進三小前であることが確定情報という事で良いと思われます。

googleストリートビューで確認いたしますと一致いたします。

googlemapはこちらになります。

スポンサーリンク

山口達也容疑者の罰則はどうなる?

山口達也容疑者は酒気帯び運転となります。

罰則はどのようになるのでしょうか?

前歴がないと仮定して調べてみました。

酒気帯び運転は呼気1リットル中のアルコール濃度が0.25ミリ以上の場合は25点となり、免許取り消しとなります。再び取得できるまでの結核期間は2年となります。

罰則は3年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

普通はだいたい罰金30万円となる決まりの様で鵜が、今回は物損事故という事で、執行猶予はつきますが、懲役刑がつく可能性もあるとのことです。

アルコール依存症の治療はどうなった?

前述のとおり山口達也さんはアルコール依存症の治療で入院していたりといった事が報じられておりました。

元々は5年以上前から躁うつ病を患っており、その不安からアルコールい増床になったと言われております。

アルコール依存症の治療のために入院していたことも本人の口から語られており、現在は定期的に通院しながらリハビリをしていたことが知られておりましたが、今回のこのような事故を起こすこととなりました。

山口達也さんの自業自得ではありますが、恐ろしいのは2年前にお酒で全てを失って病院で治療しているにも関わらず、いまだに禁酒できず、朝方までお酒を飲み、飲酒運転をしてしまうぐらいお酒は辞められないという事です。

アルコール依存症は全てを失うとわかっていてもやめられないという事が山口達也さんからわかりますので、改めて恐ろしい事だと思います。

最後に

という事で、今回は山口達也さんがバイクで事故を起こし、酒気帯び運転だったという事で、罰則についてや事故のあった場所について調べてみました。
最後までお読みいただきましたありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました