電脳雑伎集団のモデルの元ネタは楽天?比較してみた|半沢直樹2ロスジェネの逆襲

テレビ

今回の半沢直樹2では証券会社が舞台となります。

その中で東京スパイラルと電脳雑伎集団という2社での敵対的買収に関するストーリーが展開されます。

今回はこの電脳雑伎集団が楽天ではないか?と思いましたので、楽天と電脳雑伎集団について比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

電脳雑伎集団について

電脳雑伎集団はもと総合商社に勤めていた平山一正が一代で築き上げたIT企業になります。

名前の由来は中国雑技団のアクロバティックな演技の様にIT分野で超絶技巧を使う集団になろうという思いから名付けました。

創業からわずか5年で新興市場に上場し、莫大な創業者利益を得て、一躍企業家として名が知られるようになりました。

社長の平山一正と副社長で妻の平山美幸に関しては別記事として書かせていただいております。

半沢直樹2の平山一正と平山美幸は三木谷浩史と嫁の三木谷晴子が元ネタのモデル?
新型コロナウイルスの影響で撮影が延期されて、放送が延期されておりました半沢直樹2ですが、撮影が再開され、7月19日より放映が開始いたします。 今回は証券会社が舞台という事で、様々な企業の社長が出てきますが、その中の電脳雑伎集団の平山一...

敵対的買収

今回電脳雑伎集団は敵対的買収を瀬名洋介率いる東京スパイラルに仕掛ける事になります。

敵対的買収とは買収する対象の取締役会で同意が得られていない買収の事をいいます。

敵対的買収といえば2005年に起きたライブドアとニッポン放送の争いや楽天と東京放送の争い。

また村上ファンドと阪神電気鉄道などが有名ですね。

いずれも楽天やライブドアなどの東証マザーズやJASDAQなどの新興市場での取引が活発だったころに起きております。

スポンサーリンク

日本で成功例は少ない

元々日本では株式持ち合いという企業同士で相互に株を持ち合うという慣習があるため、成立することはまれです。

成立したものの代表例として2007年のノンバンクのケン・エンタープライズと中古車の買い取り販売のソリッドグループホールディングスが日本の国内上場企業では初の敵対的買収の成功例となります。

楽天について

ここでは楽天についての名前の由来や沿革について調べてみたいと思います。

楽天の名前の由来

楽天は元々「株式会社エム・ディー・エム」という社名で、ECショッピングモールの楽天市場のサービスを中心とした会社でした。

しかし、自由に様々な商品の取引やサービスが行われる「楽市楽座」と明るく前向きな事を意味する「楽天」のイメージから楽天株式会社に社名を変更いたしました。

楽天の沿革

楽天は1997年の2月7日に株式会社エム・ディー・エムとして設立されました。

そして、5月1日にECショッピングモールである楽天市場を開設いたします。

その後は様々な企業の買収を進めていき、現在ではEC事業はショッピングモールの「楽天市場」の他に旅行サイト「楽天トラベル」やポータルサイトの「インフォシークの運営なども行っております。
またその他にもクレジットカード事業や銀行、証券、保険、信託、電子マネーなどの金融業。

そして、ヴィッセル神戸や東北楽天ゴールデンイーグルス、台湾楽天モンキーズといったプロスポーツ事業なども行っております。

最近話題となっておりますのは、楽天モバイルでの通信事業ですね。

電脳雑伎集団と楽天との元ネタなのかの比較

名前の由来から比較していきたいと思います。

電脳雑伎集団は中国雑技団からで楽天は戦国時代の楽市楽座からと由来は違いますが、何かに由来していて、社名が漢字なのも似てますね。

社長について電脳雑伎集団の社長の平山一正氏は元商社マンから脱皿したとのことですが、三木谷浩史氏は旧日本興業銀行出身です。

奥さんが副社長をしているのは楽天も最近まで同じでしたね。

脱サラして起業したという部分は似ていますね。

電脳雑伎集団は技術重視のIT企業といった書かれ方ですが、楽天は立ち上がりはショッピングモール事業になります。

電脳雑伎集団は創業5年で上場しておりますが、らくてんは1997年創業で2000年にジャスダックに上場とわずか3年での上場となります。

敵対的買収については楽天は東京放送に対して行っております。今回は堀江貴文が居た頃の旧ライブドアがモデルではないかとも思われる東京スパイラルに仕掛けます。

という事で、個々変えておりますが、比較しますと楽天がモデルといっていいのではないでしょうか?大枠が同じで、細かいエピソードが違っているといった感じですね。

最後に

という事で、今回は半沢直樹2に登場いたします。
「電脳雑伎集団」のモデルは「楽天」なのか?に注目して調べてみました。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました